伊豆大島ダイビング強化合宿その1

2016年4月29日〜5月5日

今年も年明けからずーっと夜勤続きで、魚釣りさえも出来ない日々が
延々と続いておりましたが、春先になってようやく昼勤に戻り、久しぶりに
魚釣りなんかを楽しんでいた3月の終わり頃、ここの掲示板に「伊豆大島で
サクライダカラ生体がダイビングで見つかったそうです!」との書き込みが!!!

ちょっと思い当たるフシがあったので確認してみると、やはり見つけたのは
串本でダイビングをご一緒させて頂いた私のダイビングの師匠、貝先生だという
事実が判明。!!(@_@;)

メールでやりとりしている中で、「今年のG/Wはずっと伊豆大島で潜ります!」と
おっしゃる貝先生、これは千載一遇のチャンスだと仕事のスケジュールを調整し、
家族の了解も後回しにして(笑)、さっさと新幹線とフェリーを予約、宿の手配もお願い
しちゃいました。(^^ゞ

若い頃は予定を立てていても関係なしに仕事を放りこまれ、予定していた行事を泣く泣く
キャンセルするという事が多かったんですが、先に「予約済み!」と言う既成事実を作って
しまい、社内でも「今年のG/Wは伊豆大島なんだよね〜。」とさりげなく周囲にアピールし、
突発的な仕事が出て来ても白羽の矢が当んないように根回ししてたのに、、、、、、、、、

やっぱり突発が入っちゃって(T_T)、結局出発ギリギリの28日まで加古川での宿泊出張を
こなした後、なんとか29日の新幹線に滑り込んだのでありました。(^^ゞ

新幹線の車内から見える雄大な富士山。裾野の方は素晴らしく綺麗なんだけど、ちょうど
先っぽが雲の中に隠れてちゃってて少しがっがり。。。(^^ゞ

フェリーの出発時刻の90分前に熱海駅に到着。せっかくだから観光案内所で日帰り入浴が
できる宿を紹介してもらい、人生初の熱海温泉を堪能します。(^^)v


               天気もいいです。(^^)v

入浴料1200円をフロントで支払っていざお風呂へ。
時間が早いせいか、貸切で満喫できました!(^^)v


        ちょっと濁った、トロッとしたいいお湯でした。

入浴後、バスで高速船乗り場まで移動。
おぉ、、なんとあの有名な「秘宝館」の近くではないですかっ!(笑)


     ロープウェイで「秘宝館」へ、、、行ってませんから。(笑)

べた凪の海を滑るように進む水中翼船、あっという間に伊豆大島に到着です。(^^)v

船着き場では貝先生と「masko's shell」のmaskoさんが揃って出迎えてくれました。
貝先生とは再開のあいさつを、初対面のmaskoさんとはがっちり握手させて頂いて
まずは宿にチェックイン。今回のお宿は「万立荘」。なかなか合宿チックなお宿です。(笑)


               平屋造りのいい雰囲気です。(^^ゞ

その後、発送していた器材を伊豆ダイビングセンターまで回収に行き、オーナーの
有馬さんにご挨拶の後、今夜のナイト用のタンクを積み込んでショップを出ます。

いきなりナイトで初ポイントはしんどいでしょう、と言う事で、明るいうちに浜を下見に。
簡単なブリーフィングと打ち合わせを済ませて一旦宿に戻って先に夕食を済ませます。

万立荘に宿泊の場合、近くの「四季の味 まんたて」にて夕食を頂きます。
その夕食のボリュームの凄い事!!でも、みんな美味しいのでついつい全部食べてしまって
お腹ぱんぱん。これで今から潜るの?って感じです。(笑)

浜で器材をセッティングして、さぁ、伊豆大島ダイビング強化合宿の始まりです!(^^)

LOG−104へ。

ドライスーツを脱ぐと結構胸元まで水没しちゃってますがTシャツ1/3程度の濡れで収まってます。

器材を片付けて宿に戻り、ビール片手に話し込んでいるといつの間にかもう12時。
合宿所は大繁盛だそうで、今日だけ3人相部屋で8畳ほどの部屋に3人仲良く並んで
いびき&寝言合戦のスタートです。(笑)

ちなみに、maskoさんと貝先生は今日来ていきなり3本潜られたそうです。元気だなぁ。(^^ゞ

2日目につづく。