南紀オフ貝2015 Part1

2015年07月18日


つくづく台風11号には邪魔されまくった今回の貝三昧ウィーク、前日に猛威を
ふるいながら近畿地方を去って行きやがった(笑)直後の和歌山へ向けて4;30に
自宅を出発します。

今年もウミウサギのiinoさんと同乗です。(^^)

この人、白浜で見つけたウサギはアヤメケボリだと気付いていながら教えてくれなかった
悪い人です。合言葉はツグチじゃなくてアヤメです、だそうです。なんじゃそれ。(笑)

しかも、「あさきちさん、和歌山から高速通行止めですよ〜。」などと、とんでもない事を
口走ります。本当に悪い人だ。

高速の電光板掲示板を見ると・・・・・・・・・・・・、まじでした・・・・・・・・・・・・。(^^ゞ

仕方なく和歌山で高速道路をおりて国道42号線を南下します。

それでも話相手がいると運転も苦になりません。
Iinoさんセレクトのipod歌謡大全集でイントロクイズなどを楽しみながら一般国道を
南下します。

同じく串本を目指しているきつきつぼさんは、和歌山手前のサービスエリアで通行止め解除を
待つ作戦のようです。

「7時ごろ解除だそうですよ」と、きつきつぼさんからの電話が。(^^)v 同じく解除待ちのバスの
運転手から情報をGETしてくれて電話をくれたようです。

すぐに近くの御坊入り口へ向かい、ようやく高速に乗れました!(^^)

多少交通量は多かったですが、順調に串本へ。

予定時刻より1時間遅刻の9時に到着。すでに乗り込んでいる雉猫さん、はるさ〜さんと現地の
くだまきさんはすでにオゴクダで採集中だそうです。

浜に降りると、きつきつぼさんもあのお方もすでに到着してるじゃないですか!やっぱサービスエリア
待機が正解だったか??  (あとから聞いた話では、あのお方は前日嬉しすぎて眠れそうにないので
夜中に出発したようです。子供かっ!(笑))

台風一過のオゴクダ浜は、くだまきさんやIinoさん達にとっては宝の山のようですが、一通り探し終えた
あのお方にとっては退屈極まりないようです。(笑)

たぶん、半年ほど前に偶然思いついて今日まで温めていたであろう渾身のギャグを会う人会う人に
披露し、失笑を買いまくっております。(笑)

お昼も近くなって干潮時間も迫ってきたので皆をせかして「イラモの楽園」へ。(^^)



                濁ってますね〜。

荒れてはいないんですが、やはりかなりの濁りが残っています。転石するにはあまり影響は
なさそうです。 しかし、今年もそこらじゅうイラモだらけです。(@_@;)

転石しようと潜って両手を伸ばすと必ずといっていいほどイラモが付いてます。

あさきちはイラモ付きの石はスルーですが、周囲でアクティブに探索中のみなさんは結構
お構いなしにガンガンやっているようです。

おかげで海中はイラモの胞子だらけ??? ほぼ完全防備のはずが、やっぱりあちこち
チクチクします。(>_<)

イラモがついてなくてよさそうな石を発見!よいしょっとひっくり返すと・・・・・・・・、


キター!!!!!!!!!!!!!!(^^)v




              スソムラサキちゃん。(^^)v

前回はすぐに取り上げて腰のメッシュ袋に入れちゃいましたが、今回は余裕〜(^^)v。
付いてた石から移動させる事無く、生態写真を撮りまくります。(^^)

うんうん、満足です。


           小ぶりですが、発色の良い個体です。(^^)

他にはハナビラダカラや



ホシキヌタなんかも。


            外套膜被ってくれてました。(^^)

結局、ここではスソムラサキをひとつだけキープします。

他の方達は残念ながら目立った収穫はなかったようで・・・・・。(^^ゞ

まだ夕刻まで少し時間があるので、皆で移動し別の打上ポイントへ。


            模様ののこったカノコちゃん



             ピカピカのヤナギシボリ。(^^)


          こんな感じでサンゴ礫と一緒に。

そろそろ喉が渇いてきました。勿論、泡の出るヤツでしか収まらない渇きです。(笑)

串本一のロイヤルホテルにチェックインし、温泉で潮と汗を洗い流した後、いつもの
スーパーで買い出し、いつもの宴会場でカンパーーイ!(^^)v
総勢9名(位だったと・・・・。(^^ゞ) おおいに盛り上がっておりました。(^^)。

アマゾンの箱?に感動したり豹柄の箱??に爆笑したりと色々ありましたが、早起きの
疲れとアルコール性健忘症であんまり覚えてなくて・・・。(^^ゞ

あまりの眠気に勝てず、1人隅っこで寝ちゃってました。(^^ゞ