採集記番外編 富山県でヒスイ(翡翠)探し

2013年4月27日

世の中はどうやらGWのようでありますが、あさきちは富山出張継続中です。(^^ゞ

しかも、諸事情により28日(日)と29日(祝)は出勤しなくてはいけないので、
本日27日に休みをとっておいて激務に備えようというスケジュールです。(T_T)

貴重な休日、貝殻探しもいいですが、前回の富山出張時から気になっていたヒスイを
探してみたくなり、ネットで情報を集めて「ヒスイ海岸」に出かけてみる事に。(^^)。

糸魚川とその支流、姫川の上流にはヒスイの鉱脈があり、風化で崩れた原石が川を
下ってきて、とある海岸に集中して打ちあがるそうです。
その海岸こそが、越中宮崎にある境海岸(ヒスイ海岸)なのだそうです。なんでも日本の
海岸でヒスイの原石が拾えるのは、このヒスイ海岸と東の糸魚川につながるごく限られた
地域で、浜辺はいつもヒスイの原石を探している人達で賑わっているそうです。

では、行ってみましょうか。(^^)

ホテルを7時半に出て、5分で富山駅に到着。「ヒスイ海岸」のある越中宮崎までの運賃を
調べると、なんと片道950円!!高っ!!しぶしぶ購入し(笑)、駅員さんに「何番ホーム?」
と尋ねると、「あぁ〜、5番だけど次の電車は8時25分だわ!」ですって。
マジですか〜〜〜。枝線じゃないんですよね〜、本線でこの運行間隔ですか・・・。
いったん外に出て待合室で待機すること50分、ようやく来ましたわ。(^^ゞ


            レトロな雰囲気の列車です。

各駅停車で約50分後、越中宮崎駅に到着です!(^^)


              無人駅でした・・・。(^^ゞ

駅を出ると、すぐ目の前が海岸です。
駅と海岸の間に、食事もできる海の家が(でも、メインはヒスイのお店?)あります。

早速中に入ってみると、ちょうどご主人さんが高校生位の鉱物マニアっぽい少年に
ヒスイの探し方をレクチャーしてました。
しっかり聞き耳を立てて(笑)、展示してある原石をよく確認したのち、いざ海岸へ!(^^)


           ゴロタ石の海岸。貝は皆無。(笑)

海岸にはすでに先客が十数名も!!(@_@;)
負けてなるものか!とジーンズをまくりあげ、スリッパに履き替え波打ち際に突入です。

波が来ると走って逃げるようにしていたんですが、ついつい波につかまって足を
洗われます。その海水温の冷たい事と言ったら!!(笑)
しかも天気は小雨交じり、風はきつく波は高いという悪条件。痛い程の足の冷たさと
体の寒さで開始早々嫌になりそうです。(笑)

しかし、かなり難易度が高いヒスイ探し。本当に気合を入れて探さないと
滅多に出会えるものではないとの事なので、根性出して頑張ります!

いくつかそれらしいものを拾い上げはしたのですが、どれも全く確信が持てません。
装備や手に持っている道具が明らかに玄人、っていう感じの人が近づいてきたので
笑顔で挨拶をして声をかけ、これは!という石を見てもらいます。(^^ゞ

中でも期待の石を見てもらうと、「あぁ〜、これは軟玉やね〜。」とのお見立て。

実はヒスイと呼ばれるものには硬玉と軟玉があるようで、一般的に珍重されるのは硬玉
の方で、軟玉は結構見つかるそうです。でも、古代中国では軟玉の鉱脈しか発見されて
いない時期があって、その頃はヒスイと言えば軟玉だったようです。

その後ミャンマーあたりで硬玉の鉱脈が発見され、現在はヒスイと言えば硬玉のみ、
といった雰囲気で浜で見つかる原石も軟玉ならほぼ価値なし、といった雰囲気です。(^^ゞ

でも軟玉も綺麗だし、あさきち的には全く問題なし!結局これもヒスイなんでしょ?(笑)

だんだん波と風が強くなってきて、油断しているとあっという間に膝まで波に洗われて
しまいます。(^^ゞ


        最終的にはほぼ又下まで濡れてました。(笑)

今回はHPに動画を貼ってみようかと思い、iphoneで撮ってきました。(^^)


     you tube側で手振れも修正してくれます。スゴッ!。


いや〜、これはいいですね〜。(^^) 今回の動画はあくまでテストのつもり
で撮ってきているので、動画の内容としては全くダメですが、(笑)今後の
採集記にさらなる可能性が感じられる予感です。(^^)

しかも、データはyou tubeのサーバーにアップロードしてあってリンクを貼る
だけですから、自分のサーバーの容量も気にしないでいいですしね。(^^)

さて、肝心のヒスイですが、約2時間の採集の結果、こんな石を発見!!


        iphoneででの写真なのでちょっと写りが・・・。(^^ゞ

明らかに他の石とは違った輝きです。

早速先ほどの玄人さんに再度接触して見てもらうと・・・・・、

「おぉっ!これはいい青ヒスイですよ!!よかったね〜、おめでとう!!!」

(^^)v (^^)v (^^)v (^^)v (^^)v  よっしゃ〜〜〜〜〜!(^^)v

ルンルン気分で帰り支度をして、駅前のヒスイ屋さんに立ち寄って見てもらうと、

「まだまだ甘いな〜、これは軟玉やわ〜。」との事。(T_T) (T_T) (T_T) (T_T)

テーブルに置いてあった石を手渡してくれて、「こんな感じの石が硬玉。
これあげるから持って行っていきな!これと見比べながら探すといいよ!」

ありがとう、おっちゃん!(って俺もオッチャンですが。(笑))

再度海岸に向かうも、これは!という石はなかなか見つかりません・・・。
なんとか耐えていてくれた空もついにぐずりだし、帰りの電車の時刻も近づいて
きたのでここでタイムアップです。

みたびヒスイ屋さんののれんをくぐり、成果報告をかねて店内を見渡していると
「予算は一万円位かい?(笑顔)」 ・・・うーん、商売うまいなぁ。(^^ゞ

結局お礼を兼ねて糸魚川産の原石を3000円で購入し、店を後にします。


  真ん中の大きな石が購入したもの。右下がサンプルでもらった石。


時計を見るともうお昼、冷え切った体を温めようと魚津にあるスーパー銭湯、「金太郎温泉」
に向かいます。(^^) ここは前回の富山出張の時に数回訪れているあさきちのお気に入り。
ほどよい硫黄の香りが心地よくて、乳白色のお湯がいいんです。(^^) しかも露店が広くて
遠くには雪が残る立山連峰が(ちょっとだけ(笑))見える、とてもいいお風呂です。(^^)

魚津駅前から地鉄バスで金太郎温泉へ。このバス、整理券が出ないと思ったら
どこまで乗っても100円均一料金でした。(^^)


          金太郎温泉入り口。遠くには立山連峰が。


           ズームするとこんな感じです。(^^)

3時間コースの料金を支払い、露天風呂にて半身浴で至福の時間を堪能すること2時間、(笑)
さすがに湯当たりしそうなので体を洗って休憩室で一休み。(^^)


             うーん、いい休日だ。(^^)


たまには貝以外の採集も楽しいものですね。(^^)