あさきちの「こんなに採れていいん貝?」

2012年7月15日


さて、日曜日です。(^^)

一応(笑) 、ここには仕事で来ているので、遊びまくっているものと勘違いされても
困りますし、家に電話したら娘から「楽しそうやねぇ。。」と痛烈な応援メッセージを
頂く始末で(笑)、 ここではっきり言わせてもらいますが、とても厳しい生活環境と
職場環境の中、唯一の息抜きが休日の貝採集でありまして・・・・。

えっ?もう誰も信用しないって???(^^ゞ


          滞在中のホテルからの眺めです。

所謂(いわゆる、と読みます。貝マニアなら常識?(笑) )オーシャンビューです。

この写真は北向きの方角なんですが、西向き(ホテルのドアからは正面)の方角にも
大きく海が見えます。波の音も充分聞こえる距離にある良い?ホテルです。(笑)

波の音は心地良いんですが、深夜のフェリーの汽笛とそこらじゅうにいるよく吠える
放し飼いのバ○犬、早朝のニワトリの鳴き声とで、安眠妨害も甚だしい環境です。

街中ではヤギや牛まで放し飼いで、歩く時は足元に充分な注意が必要です。(笑)


    自由に歩く野良牛。誰も見張ってなくても大丈夫のようです。

さて、オーシャンビューの写真ですが、フェリーの先に陸地があるのが
おわかりでしょうか?あそこへギリマヌクに来て最初の日曜日に一度だけ
行った事はあったのですが、その時はちょうど満潮時刻で打上採集がメインで、
少し泳ぎましたがホソヤク2個体見つけただけでした。

Aさんの話によると、あさきちが一時帰国中に再度訪れたそうで、その時は少し
離れた別の場所が引き潮でかなり広い範囲で礁池が出現していて、ホシダカラが
悠々と闊歩していたそうです。

今日は小潮なんですが、バリは日本と違って干満の差がとても大きいし、、
午後2時にちょうど最干となるので、下見がてらに行ってみる事にしました。(^^)



            数センチだけ水が残ってます。

ホテル近くの礁池はあちらこちらに様々なサンゴが水面から顔を出していて、
海底も砂地ではなく、礫が堆積したような底質ですが、ここはほぼ砂底で、まばらに
アマモが生えていて、礫はぽつぽつと、といった感じのポイントです。

満潮ラインにはこんなものがたくさん


        何種類もあったようですが、よくわかりません。(^^ゞ

打ち上げられている物もずいぶんと違います。
これはお宝も違ったものが出てきてくれるんじゃない?と、あわい期待が。(^^)

で、どわーっと大きめの礫をひっくり返すと・・・・・・、


          あれれ、ちょっとわかりづらいか・・・。(^^ゞ

所謂(笑) 、御三家(ハナビラ・キイロ・モドキっち)のコロニー状態です。
たぶんこの写真に20個体は写っているはずなんですが、わかりませんねぇ。(笑)

こんな調子の海岸をめぼしい礫を返しながら数km北上しました。(笑)

ほぼ手つかずと思われるこのポイントですが、御三家以外はほとんど出ません。
で、たまーにヒメホシなんかが出ると、その周囲半径数mの礫からコモンやヤナギシボリ、
若ホシなんかが出ます。


      若ホシ。この近くではなぜか若ホシばかり3〜4個体出現

一見、他の場所と何の変化もないようなんですが、居る所には固まってついてて、
居ない所は御三家ばかりと、とても不思議です。

一時間ほど移動しながら探したんですが、腰のメッシュ袋の中は、大きなカミスジと
ハツユキひとつづつだけ、と案外期待外れか???

礁池は北にまだまだ広がているし、何処かに固まってないものかと岸寄り、沖目と
丁寧に見ていくと、、、おぉっ!!出ましたよ〜。(^^)


                1転石3ホシダカラ(^^)v

先の場所では若ホシだけだったのに、この近くのホシはしっかり老成した綺麗な
ホシばかり!!しかも、出るわ出るわの大出血状態!!転石下のみならず、
普通に浅くなった海底を徘徊している奴までいます。(^^)

面白くてガンガン転石していたその時!いきなりこんな状態が!!\(◎o◎)/!


            えええぇっ!マジですか〜!!

なんと、キーキー、ニセサバサバ、ヨツメヨツメカニ(笑) のお出ましです!!(^^)v

わかりづらいので、ちょっと場所を移動させて再度撮影。


                  すごいでしょ?(^^)v

まだまだこの近くにいる筈と周囲を丁寧に見て回ると、あらら、ここも出るわ
あっちも出るわのまさにお宝サンクチュアリー状態!!(^^)


           ダブルヨツメ外套膜全開の図。


                 サバ2丁(^^)v



        サバ、ニセサバ、ヨツメ、ヨツメ、マメシボリ!!(^^)v



           ハナビラ、ヨツメ、ヨツメ ニセサバ?

あさきっちゃん、アドレナリン全開の大興奮状態です。(^^)v
数ヶ月前、初採集のサバダカラに大喜びしたばかりだって言うのにね。(^^)

これらがまとまって見つかった付近の様子です。


     比較的小さな礫に固まって付いている事が多かったです。(^^)

で、採集開始から4時間経過。(笑) 腰の痛みメーターもそろそろレッドゾーンに
なってきたし、潮も上がってきたのでここらで前進中止です。

そうです、まだまだ礁池は続いているけど、なんです。(^^)

さーて、今日の成果をご覧ください。


            こんなに採れていいん貝?(^^)v

サバダカラ×16、キイロダカラ×1、メダカラ×1、マメシボリダカラ×2
カミスジダカラ×2、ヒメホシダカラ×2、ハツユキダカラ×1ヤナギシボリダカラ×3
ヨツメダカラ×13、ニセサバダカラ×6、この他ホシダカラ×2という大収穫でした。(^^)

前回の採集記で書いた海峡ナイトでの収穫の洗浄が終了しました。


            こちらもなかなかの収穫です。(^^)v

いやー、貝の洗浄にラベル作りにと 海外単身赴任はアフター5も大変だわ。(笑)

持参したチャック袋1号、150枚じゃ足りない予感がしてましりました。(^^)