GILIMANUK周辺こ案内
2012年4月21日〜22日

あさきちは今、GILIMANUKという町に滞在しています。
実際に現地に入って気付いたのですが、周囲にはそれぞれ環境が違う
大自然がふんだんに残されている感動ものの地域です。(^^)

その分、生活環境は非常に○○なんですが。(笑)


大きな地図で見る
  バリ島西部の拡大図です。

宿舎はバリ西部自然公園の左下にある、半島の先にあります。ちょうど
道路がループしている、その合流地あたりです。

右に行けばギリマヌク湾。ここが前回紹介した周囲がマングローブに囲まれた
浅い海です。左に行けばジャワバリ海峡、潮どまり以外は常に激流が暴れ川の
ように流れています。

さらに車で40分ほど北海岸沿いを東に向かうと、ちょうど地図の終わりあたりにある
Pemutetanという町に着きます。この周辺は穏やかな遠浅の海が広がり、リゾート
ホテルが数件立ち並ぶ隠れ家的リゾート地としてひっそりと(笑) 賑わっています。
ダイビングショップも十数件あり、ダイビング・スポットとしても人気のようです。

最初に紹介した一本マングローブがある浜が、ここなんです。

だいたい周辺環境はご理解いただけましたでしょうか?(^^)

今回は宿舎から歩いて10分ほどの、ジャワバリ海峡を探してみました。(^^)


              大潮干潮時のポイント周辺

比較的浅い部分は流れも強くなく、なんとか泳げそうです。
何ヶ所か試しに潜ってみると、宿舎から10分程の、例の町一番のシーフード
レストランの近くの海が流れも弱く、サンゴや海キノコがたくさんあっていかにも
って感じです。(^^)v

海の中はまさに楽園!(^^)


           もっとお魚がいたんだけどなぁ。(笑)


            これって、危ない奴ですよね?

比較的サンゴ類が元気な所より、もう少し岸よりの死サンゴ礫がたくさんある
あたりを丁寧に転石していきます。
大きな礫よりも、かなりちいさな礫の方が意外にもよかったりするもんです。(^^)v

では、どうぞご覧ください。(^^)


        若カバフ(リリース)、メダカラ、 ニセサバ(ロスト(笑) )


                   ナシジダカラ


                  オミナエシダカラ


                  若カバフ(リリース)


            祝!初採集!!サバダカラ!!(^^)v


      ホンサバかと思いきやニセサバ、とヤナギシボリ若(リリース)

キイロ、ハナビラ、モドキっちはしょっちゅう出てきます。
それぞれ2〜3個体キープ済みですので、すべてリリースです。

この他、サメダカラふたつにウミウサギと多種多様な顔ぶれでした。(^^)v


           半分水面から露出してました。(^^)


             打上ではこんなのも。(^^)v

仕事が終わった後、日暮れまで2時間もあれば充分にトライ出来ます!
なんせ部屋からウエット着てフィン片手に歩いて行けるんですから。(笑)

しかも海中は小さな礫も合わせれば、数回のトライではとてもすべてチェック
しきれない程の礫の多さと広さなのであります。

しばらく存分に楽しめそうで〜す!(^^)


続きまして、(笑) 一本マングローブのPemutetanレポートです。
えっ?遊びすぎですか?(笑)


            満潮近いPemutetanの浜。

海中は100mほど先まで干潮時は干上がるほどの遠浅なので、泳いで
探すには満潮から一時間後位から始めるとちょうど良いようです。(^^)

深めの場所ではヤクシマとコモンのオンパレードです。


         スポットが美しい個体でしたが、リリース。

モチロン、ホソヤクやキッコウではないか、ちゃんと調べましたがみーんな
ヤクちゃんでした。(^^ゞ

コモンもざくざく出てきます。


             普通のコモンですなぁ。(^^ゞ

ウニ穴でぼこぼこになった沈み根には、やはりこの貝が。


           大好きなハナマルユキちゃんです。(^^)

この顔ぶれと感じは串本の磯に良く似ています。
が、少し場所を移動すると、アマモ茂る砂地になり、沖縄のような海になります。

アマモが始まる前の、やけにガンガゼが密集しているあたりを転籍すると、


              異種なのに、密会?(笑)

ヤナギシボリやクチムラサキがぽつぽつ見つかります。(^^)


             本日のキープ品です。(^^)v

ヤナギシボリとクチムラサキが、コモンよりずっと浅い場所にいたのがちょっと
意外でしたね。あと、ホシキヌタの雰囲気がエキゾチックでいい感じでした。


同行のAさんが未採集のクチムラサキを採集するまで、あと何回かはここに来ると
思われます。(笑)  雰囲気的にはホシやヒメホシも出そうなんですが。

どこに行っても、何が出るか?のわくわく採集旅行 もとい、出張であります。(^^)