アジアの楽園 バリ島へ
2012年4月01日


UAEから帰国後、数週間だけ台湾には行ったものの、長期では久しぶりの海外出張です。
しかも行き先は、誰もが行きたいと思うであろうインドネシア・バリ島であります!(^^)v

3月末、心躍らせてデンパサール空港に降り立つあさきち。先に現地入りしていたUAEでも
一緒だったAさんの出迎えの車に乗り込み、早速宿泊地へ移動です。

デンパサールから距離にしてたった150kmしか離れていない今回の宿泊地、2時間もあれば
到着するかと思いきや、道路事情が悪くなんと片道4時間以上かかります。(+_+)

やっと着いたホテルは真新しいものの、シャワーは水しか出ない、(しかも井戸水!)バスタブなんて
勿論ない、部屋の中は蚊だらけの、なんと一泊1000円という質素なホテル。(+o+)

まぁ、田舎だからこんなものかと荷物を部屋に放り込み、このホテルにはレストランがないという
事なので皆で食事へと出かけます。


村一番のシーフード・レストランの厨房です。(笑)


            おいおい、マジですか・・・・・。(ToT)

8人分ほどの料理を注文すると、出来上がるのにゆうに小一時間かかります。(笑)
ほかのレストラン?も衛生的にはほぼ同じ。食器を洗っているところを見ると、
たらいふたつだけ。ひとつは洗剤が入っているようで、そこで洗ってからすすぎ用の
たらいにくぐらせて終了。てな感じです。しかも井戸水で。
井戸を覗いてみると、澄んでないんですよ、これがまた。

アジアの楽園?どこが??って感じです。
ここに半年滞在かぁ、、、、、。だれか代わってくれません??マジで。(笑)


強烈な日差しと下痢に一週間悩まされた後、(笑) ようやく日曜日です。
UAEですっかり貝採集を覚えたAさんが下調べしてくれていたポイントへ向かいます。


          なぜか一本だけあるマングローブの木

事前調査したAさんの話では、ハナビラしかいないと言ってますが、そんな事はないでしょう!
早速装備を整え海中に突入です。(^^)v


               早速いましたよ〜。

海の中はアマモ混じりの砂底で、転石できる大小のサンゴ礫がたくさんあります。
こういう雰囲気はかなり期待もてます。ぼろぼろ出てくるハナビラダカラの中に
いました〜。祝、初採集のサメダカラです!(^^)v

続いてクチムラサキ・シボリも発見!やっぱりこういう雰囲気の海はいるんですよ〜。
沖縄のNN海岸にそっくりなんですもん。(^^)

沖合はゆっくりと深くなり、サンゴが群棲しています。


           海の中は間違いなく楽園です。(笑)

水深があるこのあたりよりも、やはり浅い側の方がタカラガイは濃いようです。

1転石3サメダカラ、なんてのもありました。(^^)v


                サメパラダイス?(^^)

約2時間の探索の結果です。(^^)


              早々にしては上出来?(^^)

中央のメダカラは意外だったかな?まぁ、いわゆるレギュラーメンバーばかりですが、
クチムラサキのちっちゃいのや綺麗なシボリなんかが嬉しかったですね。(^^)


             対岸のジャワ島に沈む夕日


仕事を終え、歩いて一分の涼しくなった海岸でしばしエギング。
地元の人たちが良いサイズのイカを釣っているのを見てはいるんですが、未だに
一杯も釣れません。(笑)

持参したわさびとしょうゆが出番を待っています。
お刺身にして良く冷えたビンタンビールで、と考えているんですがねぇ。(^^)