奄美大島で予告ホームラン!?  その2
2011年8月12日

いよいよ素潜り採集が出来る日がやってまいりました!

恒例の、(笑) 5時半おきの打上採集をすませた後、ゆっくりと朝食をとり8時半にチェックアウト。

あらかじめ打ち合わせしていた通り、奥方様とお嬢様を大島紬村へ送り届けます。
女性陣は泥染体験などにいそしんで頂き、その間9時から13時頃まで素潜り採集に
没頭させて頂く予定であります。(^^ゞ

ポイントへ向かう途中、自販機で飲み物を仕入れる時間ももったいなく感じるほどの、(笑)
テンションアゲ☆アゲ状態です。でも、細く、脇道の多い島の道路、細心の注意で安全
運転を続けます。

15分後、ポイント到着。(^^)v
素潜り道具一式だけを詰め込んだ小型スーツケースを持って浜を小走りに行進します。


           この先が「パラダイス」です。(^^)

余裕があれば足元の打上貝なんかも見てみたいのですが、そんな時間はありません。
周囲に人影がないことをいい事に、大事な部分を隠しもせずウエットに着替えます。(笑)

いよいよ海中に突入です。時計は9時半。いっつ・しょう・たーいむ!!(笑)

早速ハナビラダカラがご挨拶。写真だけとってさらに沖へ。


         生息場所の関係で、これはお約束ですね。(^^)

イソギンチャクにたくさんのクマノミベビーが隠れていたので記念撮影。


             もっといたんだけどなぁ。(^^ゞ

沖へ進みながらサンゴ礫や適当な大きさのハマサンゴをめくりながら進むと、
コモンちゃん登場!(^^)


        コモンちゃんはすべて持ち帰らずそのままに。(^^)


さらに探索を続けると・・・・・・・・・・・・、でたーーーーーーーーーー!!!!



              カモンちゃんでした。(^^ゞ


かなり大ぶりだし、模様も非常に綺麗なのでキープさせていただきます。(^^ゞ
なぜかカモンちゃんとは相性が良いようで、ほんと良く見つかります。

その分、サバ君やスソムラサキ君とはなぜか縁がないんですよねーー。(^^ゞ

想像していたよりは、タカラガイ全体の個体数はそう多くはなさそうです。
しかし根気よくめくっていくと、緊張の糸が切れない程度にぽろぽろ出てくれます。

そして・・・・ついに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、\(◎o◎)/!



キター!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

















        ↓
























        ↓




















         スソじゃなくてクチがムラサキでした。(^^ゞ


某有名ダイバーさん曰く、南洋のフリした雑貝(笑) だそうですが、あさきちにとっては
生涯2匹目の生貝、モチロン大事にキープです。(^^)v

さらにもう一個体しっかり老成したクチムラサキ発見!!ですが、これは背中がかなり傷んで
いたのでリリースしておきました。(^^ゞ

さて、ウエットの上から巻いたG−Shockは、すでに入水から1時間経過を指しています。
うーん、こりゃ、かなり厳しいか???一度上がって休憩?それとも続行??
このあたりは水深も浅く、疲れてきても溺れる心配もなさそうなので続行かな?

この判断がよかった。(^^)v

直後の事でした。















       ↓



























       ↓




















                     (^^)v









くぅうううううう、よっしゃぁあああああああああ!!!!!(ガッツポーズ)


ついに出ました、憧れのスソヨツメダカラです!!!(^^)v
これでも外套膜が全開状態なんですねー。見た瞬間それだと判りました。(^^)


その後、2匹目のどじょうを狙ってひたすらサンゴ礫やハマサンゴ裏をチェックします。

相変わらず緊張の糸が切れない程度にお宝が出てきます。


           ホシキヌタ君。ここでは2個体発見。

綺麗なヤクシマが出たので、一応調べますがやはりヤクシマでした。(^^ゞ
でも、ここでは1個体のみ。レア種ですね。(笑)

この後、ツマムラサキメダカラを2個体発見!国産の生貝は初採集です。(^^)v
さらにFDですが綺麗なヒロクチ、さらにブルーリングの美しいクチムラサキを追加した
あたりで時計は11時半。2時間経過です。

まだやる?もう充分??

もう充分でーす。(^^)v


            ホシキヌタは撮影後リリース。(^^)

予定よりも30分早い12時半に女性陣を迎えに行き、(それでも着信履歴2回。(^^ゞ)
島料理の油ソーメン(美味!)で昼食後、おつとめマンゴーを購入するため
島では有名なスーパー「さと商店」に向かいます。

 
       一部の貝人の間では特に有名なスーパーです。

ここもM1さん、M2さん共にお勧めしてくれていたスーパーなのです。

その理由は・・・・・、


             ちょっとわかりにくいけど・・・。

地元笠利町で採れた貝が、そのまま冷凍されて売られているのです!(^^)
この日はホラガイ、トウカムリ、ヤコウガイ、クモガイ、シャコガイ、宝貝では
ホシダカラ、ハチジョウダカラ、ヤクシマダカラがありました


              かなりリーズナブル!?

もし、採集の成果がが芳しくなかったら、ここにくれば大丈夫かと。(笑)


    純国産(奄美産)のトウカムリが肉、蓋付きでこのお値段!!

かなり欲しかったけど、荷物になりそうなので諦めました。(^^ゞ

かわりにおつとめ品マンゴーを購入。(^^)v


     良く熟れていて(少し痛んで??(笑) )大変美味でした。


フライトまでもう少し時間があったので宇宿貝塚史跡公園を見学する事に。(^^)


       期間限定で奄美の貝(ニャー)展やってました。(^^)


      たぶん地元の研究者のコレクションでしょうか?

旧石器時代とされるこの遺跡からは、現在食べられている貝とほぼ同様の貝殻が
ゴミ捨て場とおぼしき場所から大量に出土しています。

埋葬された人骨なども発掘されており、出土品の文化的価値はかなり高いようです。
なかなか興味深い展示でありました。

ちょうどいい時間になってきたので、レンタカーを返却し、18時半の便にチェックインです。

いやー、奄美大島、想像していたよりもずっとずっと良かったです!(^^)
生きている間に もう一度訪れたいリストの上位にランクイン決定ですね。(笑)

娘の振袖を買いに来るって口実はどうかな??えっ???高くつきすぎる???
ごもっともかも。(^^ゞ


さて、半洗い処理をすませた今回の主役を撮影しましたよ〜。(^^)v



            見事予告ホームラン達成!(^^)v

結果、量的にはさほど多くはありませんでしたが、打上貝も生貝も充分に満足いくものが
得られたのであさきち的にはご満悦です。(^^)

なにより天気もよかったし、島料理も堪能したし、たった2泊3日ではありましたが
家族みんなが奄美を満喫出来たよい旅行となりました!(^^)v


いろいろご指南いただきましたM1さん、M2さん、本当にありがとうございました!


(今回の素潜り採集ポイントは、M1さんとの間で絶対に口外しない事を約束した上で
紹介して頂いた場所です。大変申し訳ないですが、お問い合わせには応じられない事、
どうかご理解よろしくお願いいたします。 m(__)m )