シンガポール・クランジー周辺にて


10月27日。

仕事場から15分ほどの所にある「スンゲイ・ブロウ国立公園」。
そのすぐそばにクランジーという地名の河口がある。

河口といっても、昔の川をダムで堰き止め、海側は海水、陸側は淡水と
分かれている。そう、ちょうど岡山の児島湾のような場所。

仕事も無事終わり、今日の干潮 18時には充分間に合う。

どんな所かいってみましょうか・・・・。

さて、到着。駐車場に車を停め、海岸目指して歩いていくと・・・、
なにやら立て看板らしき物がある。


なんだろうと思い、近づいてみると・・・



                      


                      


                      


                      







そんな・・アホなぁ〜(*_*)

シンガポールでワニなんて・・・・聞いたことないっす。
たぶん、逃げたペットがたまたま1匹見つかっただけなんでしょ?
うようよいるって事ないよなぁ・・・・・・・・・。

と、少々ビビリながらも干潮時間は目前です。前進あるのみ(^^;;



おぉ、引いてる、引いてる(^^)v
先のほうはサンドバーになっているようです。
そこを探索してみましょう。



ローカルのカップルがなにか拾いながら歩いてます。
も、もしかしてライバル!!!(そんな訳ナイナイ(^^;;)


サンドバー周辺をくまなく歩き回りますが、タカラガイなんて死ガラも落ちていません。
こんな2枚貝の欠片しかないっす・・・・ (T_T)
あとはシンガポールでは珍しくともなんともないこいつら。


            恋の季節のようです(^^;;




刺し網を流している人もいました。
獲物を見てみると、ボラのような、ワタカのようなヘンな魚がかかってます。
ライギョのような魚が泳いで逃げていきます。

でも、間違いなく海水です。このあたりのワタカやライギョは海にも進出したのでしょうか?

とバカな事を考えているともう日暮れです。

はい、今日もタカラガイ、採れませんでした。
残念、残念っと!!(採る気あるのか???)

今日の収獲・・・・・・・ワニ注意の看板
             (それだけかい!(^^;;)