祭りだ祭りだぁー!

2009年8月19〜20日

さて、お次は南紀串本です!(^^ゞ

ちょうど一ヶ月前、日本中のつわものが集合した串本では、カノコ
フィーバーが吹き荒れ、他にもスソムラサキやタル、クチムラサキ
なんかがバンバン飛び出したようで、まさに「お祭り」状態だったようです。

海外出稼ぎ真っ只中だったあさきちは、千載一遇のチャンスに参加できな
かった喪失感で、ただただ呪いの呪文(肉抜き失敗しろー、手を滑らせて
流しちまえー、等)を唱えながら、帰国したら必ず串本に出向く決意を固めて
いたのでありました。(^^ゞ

18日夜に沖縄から帰宅。ウエットスーツ含む潜り道具一式は沖縄の
潮と砂がついたままの状態で車に積み込み、簡単なお泊り準備を整え、
就寝です。

朝4時半、(笑)自然に目覚めそのまま出発です。(沖縄の疲れは?(^^ゞ)

まずはいつもの打上ポイントをチェックします。


       量的にはかなりあったんですが、質がいまいち?

こましなもの数個をキープして移動です。

打上はいまいちでしたが、天気は快晴、海はベタ凪と最高のコンディション
です!(^^)v 早速先月のお祭り会場となったポイントへと向かいます。

明日が大潮なんですが、すでにかなり潮が引いてます。これなら潜らずに
転石メインで探したほうが効率がよさそうです。早速転石マシーンと化した
あさきちは、かなり高い位置からタイドプールの中まで、転石できそうな石や
死珊瑚をかたっぱしからチェックします。

ヤクシマやコモン、ハナビラ、ナツメモドキはぽろぽろと現れます。


    モドキ×2。こういった隙間もちゃんとチェックしたんですが・・・・。

しかし、肝心の亜美ちゃんや柳くんはなかなか現れてくれません・・・・・。
居ついてそうな岩はすべてチェックしたんじゃない?ってぐらい探しましたが
ついに本命は現れてくれません。

もう潜るしかなさそうです。装備を整え、水中をチェックしますが、、、、、

おなじみの顔ぶれしか現れてくれません・・・・・・・・。

ウミウサギをひとつみつけたけど、スルー。


               立派な成貝でした。

2時間以上探しましたが、キープしたのはオミナエシひとつとメダカラ、立派な
センジュガイのみ・・・・・・・・。


                     (+_+)

祭り?そんなの、もうとっくに終わっていたようです。(ToT)
祭りのあとの寂しさって言葉がありますが、まさにそういう気分です。

ウエットを脱いでポイントを後にします。もう潜る元気もないので、O浜へ
打上採集へと向かいます。

さくさくと音を立てながら浜を耕します、が、これは!という逸品は出てきて
くれません。意地になって耕していると、「こんにちはー。」と声がかかり、顔を
上げてみると、うちの子と同年齢ぐらいの娘さんと両親の家族3人で貝を探し
にきた人達が立ってます。

タカラガイがお目当てのようで、ボクもそうなんですと、少しお話をさせて
頂いていると、パソコンでポイントを探して貝を探しておられるとの事。

もしやと思い、どんなサイト見られてます?って聞いてみると、やっぱり!!

あさきちのサイトをよく見てくれている人達でありました!いつもご愛読あり
がとうございます。これからもご贔屓に!(^^)
(あさきちもいまや結構な有名人かも???(笑))

さて、肝心の打上採集のほうなんですが、どうもよくありません。(+_+)
こうなったら最終奥義、必殺陸採集しかなさそうです。

あさきちの師匠である某団体の副会長どのに電話をして、会長の電話
番号をゲット!!早速アポをとり、さっきキープしたセンジュガイひとつを
お土産に(笑)自宅にお邪魔させて頂きました!

いやー、凄いの一言でした。タカラガイしかわからないあさきち相手では、
会長も若干不完全燃焼だったでしょうが、それでも会話はなかなか尽きま
せん。ほとんど購入せずにせっせとフィールドに通い続けて作り上げた
コレクションは威張らず、おごらず、それでいて物凄い価値と存在感。
本当に素敵な集め方だなぁと感服いたしました!!

もくろみ通り、人の良い会長につけこんで、数種の標本をゲット!(笑)
しかもどれも自己採集となるとなかなか容易ではないものばかり!

会長!本当にありがとうございました!!このお礼はいつか必ずさせて
頂きますね。

初日の不漁を見事な大技で挽回したあさきちでした。(^^ゞ


2日目

今日は正午が大潮。どこで勝負をかけようか悩んだ結果、昨年見事アリソンを
ゲットしたB浜にて一発逆転どんでん返しを狙ってみましょう!!

最終日に結果が出ることが多いのがあさきち採集記の特徴です。(笑)
別に脚色している訳ではなくて、ノンフィクションでそうなんですよねー。
それをふまえると、これからドラマが起こるのは必至でしょう。(^^ゞ


                今日もベタ凪。(^^)v

午前8時に浜に降り立ちます。まずはチドリ打上ポイントをチェックしますが、
チドリどころか、こましなタカラガイは全く見当たらずです。(+_+)

さっさとウエットに着替え、9時前にはもう入水しちゃいました。(笑)

まずはエントリーポイントから右側を丁寧にチェックします。
今年は本当にコモンダカラが多く見られます。ハナマルもハナビラも
たくさんいて、ほとんどのウニのいないウニ穴には陣取っています。


                 密集状態です。


             ソフトコーラルにもハナビラが。

            外套幕ちょい出しのハナマル君。

丁寧にチェック&転石を繰り返しますが、出てくるのはお馴染みさんばかり。
ヤクシマ、モドキ、コモン、、、、数年前なら狂喜しながらキープしたのでしょうが、
今はもう完全にスルーです。(^^ゞ

たまにカモンやアヤメが出るので、それらはキープです。

2時間探索しましたが、嬉しい初採集品はナシ。(+_+)


        悪くはないんですが、タルやカノコを期待していた分・・。

買ってあったお弁当でしばし休憩。浜で食べるお弁当って本当に美味しい!
冷えた体も充分あったまって、次は左側を探索してみます。

こちらは小型のテーブルサンゴやソフトコーラルが多く見られ、右側とはまた
違った風景が広がります。泳いでいる魚も急に大型化するようにも思われ、
なんだか期待できる雰囲気があるんですよねー。

がんがん転石を繰り返しますが・・・・・・・・・・・・・・・・、お馴染みさんばかり。
ここはコモン畑か!と思うほどコモンばかり・・・・。


         すぐに外套幕全開で逃げ出していきます。

一時間ほど探した後だったでしょうか?かなり小さな岩を持ち上げた時、落ちていく
細長いシルエットが!!

やりました!!串本産ヤナギシボリ初GETです!!(^^) いやー、よかった!!
これが欲しかったんです!(でもちょっと成長傷が・・・・。(^^ゞ)

1時頃まで探索し、チャキヌなんかを数個追加した所でさすがに疲れが・・・。
(そりゃ、4時間も泳いだり転石したりじゃ疲れますわな・・。(^^ゞ)


           大きなハナマルもひとつキープ。(^^ゞ

ハナビラばかりの中、今日初めてのキイロ生だ!と思ってキープした固体なん
ですが、完全なハイブリッド個体じゃないですか?ちょっと嬉しい。(^^ゞ

とにかく、ヤナギシボリを見つけられたことでなんとか納得です。
カノコやスソムラサキ、タルには出会えませんでしたが、よく考えてみれば
今採っちゃうとそれだけ次回の楽しみが減っちゃうって事ですよね?

この趣味をながーくながーく続けていきたいんで、サプライズゲットは一回一種で
充分です!(笑)

(言い訳もずいぶん上達したようで・・。)

とにかく、お祭りってものは当然期間限定という事なんですね。(^^ゞ

会長、どーもお世話になりました!会長からの貝だけでも串本まで来た甲斐が
ありました!本当にありがとうございました。(^^)
(奥様、急におしかけてご迷惑おかけしました。ごちそうさまでした!)

充分に遊び尽くした五日間でありました!。
(4日連続でウエット着込んで潜ったのは初めてでした。(^^))