リュウキュウダカラを求めて


2009年8月16〜18日

長かったUAE出張もついに帰国となりました!
なんとか娘の夏休みに間に合った〜〜!!

という訳で、さぁ、夏休みです!今年の旅行は沖縄本島です!!
おとーちゃんの目的はモチロン、リュウキュウダカラです!(笑)
あまりに嬉しくてつい大声で言っちゃいました。(^^ゞ

自称晴れ男のあさきちと、自称晴れ女のお嬢様パワーのおかげで
沖縄は快晴!やっぱり沖縄はこうでなくっちゃ!!(^^)


            陶磁器のシーサーもいいもんですね。

初日の予定は勝連城跡観光と雪塩工場見学。さくさくと予定をこなして、(笑)
今回のお宿、日航アリビアにチェックインです。

沖縄料理と三線弾き語りで沖縄気分もばっちり!初日は採集チャンスナシですが、
大丈夫大丈夫。。(^^) 明日はなんと慶良間列島の阿嘉島行きです。ワクワク。

じゃ、おやすみなさーい。(笑)

2日目

今日も快晴の沖縄。阿嘉島行きのフェリーは揺れもなく快適に航行!
しかし、海の色が凄い!これがいわゆるケラマブルーなんですね!


                  これぞ群青色!
お昼前に阿嘉島に到着です。レンタル自転車で北浜と書いてなぜか「にしはま」と
読む(笑)ヘンな名前のビーチに向かいます。ビーチを見渡すと・・・・・・・・・、


                 うほほーい!!

お宝、採ったも同然です。(笑)

早速ウエットを着込み、フル装備状態でフィンをつけてると、ライフセーバーの
兄ちゃんが近寄ってきました。どこまで泳ぐつもりですか?的な質問をされて
やっと気がつくあさきち。そっか、ここは海水浴場だった。(^^ゞ
みんな普通の水着なのに、この格好じゃ目立つわな。(笑)
いまさら脱ぐのも面倒だし、日焼け防止にもなるからこのまま出撃です。(^^ゞ

透明度はさすが!!しかし、数年前にサンゴの白化がおこったんでしょうか、浅瀬の
サンゴはほとんど死珊瑚です。たまーに生きたサンゴもあり、その周辺にはカラフルな
お魚さん達がいっぱいです。


                南国っていいね!(笑)

ニモファミリーもごあいさつです。


            挨拶じゃなくて威嚇のようですね・・。(^^ゞ

さぁ、タカラガイ探索です。死珊瑚だらけの海底、かたっぱしからひっくり返しますが、

いませーーーーーーーーん。

本当に、なーーーーーーんもいません。(ToT) リュウキュウどころか、ハナビラ、
キイロもいません。           

さんざん探して、疲れも出てきました。がっかりしながら岸に向かうと待ってましたと
お嬢様。ライフジャケットとマスク、スノーケルで準備万端。休む間もなく手を引いて
再び沖へ。

充分シュノーケリングを楽しんで岸に向かうと今度は奥様。(+_+)
全く休憩ナシで3時間近く泳ぎ続け、結局ひとつのタカラガイを見つける事もなく、
もう帰り支度の時間です。(ToT)/~~~

単純に離島での海水浴、と思えば最高だったんですが、収穫がなかった分疲労も
ドっと出てきます。フェリーのベンチで横になってうつらうつらしながらも、どうすれば
明日(帰宅日)もう一度採集できるか策略を練ります。(^^ゞ


3日目

本日5時の飛行機で帰宅。レンタカーの返却は遅くても3時半。さぁ、どうする??

しかし、都合のいい事に干潮時間が11時。これを上手に使うには・・・・、
そうだ!奥様とお嬢様を○○体験工房的な施設に面倒見てもらって、その2時間
ほどを採集するってのは?どう??うん、いいんじゃなーーい???(^^ゞ

で、早速実行。(笑)

二人を送り届けた後、いそいで近くの海岸に出撃!海を見てみると・・・・・・、


            沖合い300m以上干上がってます(^^)v

うおおおおおーーーー!!!!!と叫びながら(ウソ)沖縄名物イノーに
突入していきます。目に付く死珊瑚をどんどんひっくり返していくと・・・・・・・・・、

いたーーーーーーー!!!!!!!


               まさかの・・・・・。(@_@;)

な、なんといきなりのヤナギシボリです!いやー、嬉しい!!国産品自己採集は
これが初です。やったね!!(^^)

調子にのってどんどん沖合いを目指します。すると・・・・、


                キ、キターーーーー!

でましたーーーー!念願のリュウキュウダカラです!!(^^)v
いやー、本当に嬉しい!! これこそ数あるタカラガイの中でも唯一、
日本固有種のリュウキュウダカラなのです。

このリュウキュウダカラ、開発の為に生息地が激減していて、さらにその生態の
特異性(子貝がほとんど移動しない、できない)からも、いまや最も絶滅が危惧
される、大変貴重なタカラガイなのです。
(今回は個人で所有する為に4個体キープさせて頂きました。)

たくさん居るからといって必要以上にキープしたり、ましてや販売目的で根こそぎ
採集されては簡単に絶滅してしまう恐れがあります。
唯一の日本固有種、日本を代表するタカラガイ。タカラガイが好きだからこそ、
大切にしていきたいものです。(採集ポイントの問い合わせ等はご遠慮ください。)

さて、探索続行です。このポイントでは驚くことに、これは、と思える死珊瑚礫
からはほぼ確実にリュウキュウダカラが確認できました。しかも一箇所2〜3個体
かたまって着いていることも珍しくなく、結局1時間半の探索で40個体以上の
リュウキュウダカラの生息を確認しました。

さらにモドキ、コモン、ニセサバ、ホシまでもを発見!!(^^)


      コモン、ニセサバ、リュウキュウがひと転石で。

             リュウキュウ×3、ニセサバ×2

              こんな感じでふたつみっつ固まって。

                 ホシダカラもペアで。(^^)


              本日のキープ品です。(^^)v

結局2時間のつもりでしたが、1時間半で切り上げました。(^^)v

奥様とお嬢様を迎えに行き、国際通りでお土産ショッピングと沖縄料理の昼食を
ゆっくり楽しんで、余裕をもってレンタカーを返却して今回の旅行もおしまいです。

いやー満足満足。最高の夏休でありました!(^^)v

帰宅後、洗濯物を片付けている奥様の機嫌を伺いながら、こそこそと宿泊準備を
するあさきち。えっ?ドコへ行くって??

モチロン、串本に決まってるじゃないですか〜!(笑)

だって串本産のスソムラサキ、まだ採ってないもん!!
まだまだ夏休みは続きますよ〜〜〜!(^^ゞ