アラビア湾側再挑戦!

2009年2月6日


オマーン湾側の首長国、フジャイラでは充分満足なほどの成果に恵まれ、
UAE大好きになっちゃってるあさきちです。(笑)

しかし、今回の出張が決まった時、最初に頭に浮かんだタカラガイは
実は「ハナガスミダカラ」だったんです。なんたって和名が美しいでしょ?
仕事場近くのサンドポンプの砂からは黄色く色あせた(それでもツヤは残って
ましたが・・・)ものはゲットしましたが、やはり生貝が欲しい!!(^^ゞ

フジャイラでは、なぜか全くハナガスミの打上殻を見つけられないんです。

UAEで最初に採集に出かけたアラビア湾側のUMM Al Quwainでは、いくつかの
打上殻を確認できていたので、再度確認に行きたく思ってた所、2〜3月に
アラビア湾側に「アオイガイ」がたくさん打ちあがるという情報をGet!

上司のAさんをアオイガイネタで誘惑し、(笑) 往復440kmの日帰り採集に
誘い出す事に成功です。(^^)v でも、Aさん、最近すっかり貝殻採集の楽しさに
目覚めたようで、ちゃんとQuwainの良さそうなポイントをGoogle Earthで調べたり、
潮時表まで印刷して計画してくれるほどの熱の入れよう!(笑)

アオイガイネタはあんまり必要なかったみたいです!(^^ゞ

さて、金曜日がやってきました!後輩のK君も同行して出発です!!(^^)


大きな地図で見る


アブダビからドバイを通り抜け、ルート311で Quwainを目指します。地図で
Umm Al Qaywayn(なんて読むんだよ!(笑))と書かれた半島が本日のポイント
です。正午、目的地の海岸に到着です。(^^)


      本日のポイント。アラビア湾。白波あたりが怪しそう???

途中で買ってきたバーガーキングのやたらボリュームのあるハンバーガーで
まずは昼食です。食べても食べても減らないバーガーと格闘していると、なんとAさん、
もう採集モードで浜を歩き始めてます。(笑)

負けてなるものかと、(笑) コーラでバーガーを流し込み、Aさんとは反対の右側を
調べてみます。 薄い層ですが、貝殻溜りがあります!(^^)v


        写真にはないですが、タカラガイもちらほら。

実は前日、前々日とアブダビでは強風が吹き荒れていたので、きっとここも
かなりの波が立っていたのでしょう、なかなか新鮮な貝殻が落ちてます。

見落としてはなるまいと、ホフク前進で打上採集です。(笑)


            あさきち初公開。バ○ですねぇ〜(笑)

新鮮なシモフリやヤクシマが結構みつかります。ガスですが、ハナガスミも
いくつか落ちてます!さらにホフク前進で進んでいくと・・・・・・・・・・・・。








        ↓








        ↓








        ↓








     写真はイメージです。ここに乗ってた訳ではありません。(笑)


やっっっっっ たぁーーーーーーーーー!!!

いきなりピカピカのハナガスミGETです!!!(^^)v
いやー、嬉しい!!ハナガスミの生貝標本を見たことがないんですが、(爆)
滑層の残り具合、発色状態からほぼ生貝同様のFDなのは間違いなさそうです!

上物発見の気配を感じたのか、Aさんが近寄ってきて素手で貝溜りを掘り返し
だしてます。(笑)


ここの浜は全長1kmはあるでしょうか?車から熊手を取り出し、前進しながら
所々にできている貝溜りをほじくり返します。


          愛用の熊手。いつも活躍してくれます。

すると・・・・・・・・・・、綺麗なカバフ発見!間違いなく今回のUAEで一番新鮮な
打上個体です!(^^)v

さらに前進していくと・・・・・・・・・・・・。


               な、なんと!!!


ヤクシマ生が打ちあがっているではありませんか!!!やはり昨日は
かなりの波風だったようです。今日は心地よい程度で、普段の行いの良さが
反映されているかのようです。(笑)

浜の終わりまで貝溜りをほじくりながら歩いて、折り返す頃にはすでに4時間
経過!(笑) 新たな上物ハナガスミは見つかりませんでしたが、上カバフ、
上メダカラなどをいくつか発見し、大満足です。(^^)v


         打上でもこの品質!うぷぷぷっ。(^^)

さぁ、本日の干潮時間になりました!あの怪しい白波部分は・・・・・・・・、


            なーんだ、この程度ですか・・・・。

あきらかにタカラガイが住んでいそうにありません。靴も履き替えてないし、
わざわざ見に行く時間がもったいないので、さらに打上採集を続けていると、
サンダルで水に入っていたK君がなにか発見しているようです!

まさかタカラガイじゃないだろうと思いながら近づいてみると・・・・・・・・、


            あらびっくり!!!!!(@_@;)

なんと、こんな小規模な岩にしがみつくように付いているじゃありませんか!!

さらには、


               若貝ですが、生貝です。

おーい、キミー、1/3ぐらい砂に埋もれちゃってますよぉー。(笑)

とりあえずマリンブーツに履き替え、周囲をさらに調べてみると、


                 えぇー!

               ありゃりゃ・・・・・・・・・。


           キミまでそんな状態ですか・・・。(笑)


いくつでも、簡単に見つかります。!とりあえず手にとってみて模様の具合や
傷などの状態をチェックします。ヤクは5〜6個体にひとつの割合でキープです。

あさきちとK君の行動を怪しい、と感じたのでしょうか?Aさんが靴も靴下も脱がずに
海に入ってきてます。まぁ、サンダルよりは安全でしょうけど。(笑)


さぁて、そろそろ帰らないといけない時刻です。


浜でお互いの収穫を確認してみると・・・・・・・・・、Aさん、ヤク全キープしてるし!(+_+)

あさきちが厳選してほとんどの個体をリリースです。それでもお互い10個体ほど
のキープとなりましたが。(^^ゞ

Aさんの収穫を選別していると、キープ品の中に驚愕の巨大シモフリが!!!(@_@;)

ちょっと悔しいあさきちでした。

帰り間際、満潮ラインでひっくり返っている甲長10cmほどのウミガメを発見!
かわいそうに、死んじゃってるんだな、と触ってみると、まだ生きてる!!


         こんな状態のわりに元気にジタバタするので・・・、

きっと体力が落ちたせいでしょうか、フジツボが体中に付着してます。甲羅も
かなり痛んでいて生き延びる可能性は低いだろうとは思いながらも、


              あとはキミの運と気力だよ。

体中のフジツボをすべて取り除いてあげて海に返してあげます。

しばらくは孵化直後のカメのようにうまく潜る事ができない様子で波に押されて
ジタバタしてましたが、だんだんと体が沈むようになり、なんとか沖へ出られたよう
です。Good Luck!ウミガメちゃん!!


帰宅後、台所で貝の処理をしていると、背後にAさんが。
「打上の中にこんなの混ざってたよ〜」 と見せてくれたのは・・・・・・・・・・・、
なんと、あさきちのハナガスミよりもっと綺麗で新鮮なハナガスミ!!!!!!!

「次また見つけたらコレあげるから〜」と言いながらも、へっへーん、いーだろーっ!
って顔でポケットに仕舞い込むAさん・・・・・・・・・。

うぇーん、かぁちゃーーーん!!めっちゃ悔しいよぉ〜〜〜!!!(涙)


えっ?アオイガイ??かけらも落ちてませんでした。(^^ゞ