G/W串本ダイビング合宿

2017年4月30〜5月3日

今年のG/Wも仕事のスケジュールが上手く調整できたおかげで
4月30日〜5月7日まで8連休GETです。(^^)v

去年のG/Wは伊豆大島で素晴らしい海と島、生き物、素敵な人たちに出会えたので、
今年も行きたいと思っていたんですが、貝先生の事前調査によると今年の伊豆大島は
タカラガイは幼貝ばかり、深場には貝はほとんどいない状態なのだそうです。

それなら今年になってホシダカラやハチジョウダカラなどの打上報告が多く寄せられている
串本で潜りましょう、と言う事になった訳です。(^^)

串本なら家から車で3時間以内だし、あさきち的にはホームグラウンドですが貝先生と潜る海は
たとえ何処であっても発見と感動の連続なので全く問題なしです!(^^)

ダイビングの詳細はLOGBOOKからお楽しみください。

今回は5月1日の夕方の干潮に合わせて地元の第一人者、「会長」と貝先生、あさきちの
3人でオゴクダにて磯採集してきました。


           良く潮が引いたオゴクダの岩場。

今回、あさきちは30日に合流したのですが、29日に会長と貝先生のふたりで
別の場所で磯採集したそうで、会長のガイドのおかげで貝先生がまだ未撮影の貝を
数種見つけることが出来たそうです。

貝先生は未撮影の貝の写真が撮れたことを本当に喜んでいて、ここオゴクダでも
未撮影のアマガイの一種を採集するのが今日の目的です。(^^)

あさきちは2人とは別行動、勿論、狙いはハチジョウだからです。(^^)v
泳げるようなら潜って探すつもりで、一応準備は持って降りたのですがかなりの波で
素潜りは断念です。(^^ゞ

ハチジョウが付いていそうな大岩の下を覗き込んでみると・・・・・・・・・・、

いた!!!!!!!!!!



            やった〜!居たよ〜〜・・・・・あれ???


               ヤクシマでした。

やはりそんなに甘くないですね。(^^ゞ

このそばでヤナギシボリ生を発見、これはキープです。(^^)v
(写真撮り忘れました。(^^ゞ)

ちょっと打上もチェックしてみますが、堆積部分はやはり何もない感じです。
潮の引いた磯で転石すると、比較的新しくて状態の良い貝殻が見つかります。

こういった探し方の方がいまのオゴクダでは有効かもですね。

会長が「ネジガイの写真撮ります?」と持って来てくれたので
岩の上で撮影。(^^)



          やっぱり水中で撮らないとダメですね。(^^ゞ

この後、可愛いヤナギシボリ生とキイロ生、ナシジFDを追加して磯採集は終了です。

貝先生も目的の貝を発見して大満足のようです。(^^)

駐車場に戻る道で、懐かしい香りが鼻腔をくすぐります。周りを見渡すと、なんと明日葉が
自生しているではありませんか!

伊豆大島の特産品だと思ってたのに、意外と身近にあったんですね〜。

若葉の所を摘み取り、そのまま味見。う〜ん、とても美味しいです。
葉を洗いもせずむしゃむしゃ食べるあさきちを見て会長は若干引いてましたが。(笑)


         オゴクダでの採集品。ナシジはFD。