こんな採集も?(笑)

2008年11月〜12月


UAEに居ついて早くも3ヶ月経っちゃいました。休みの前夜、夜釣りばかり
してたので本格的な採集は前回のドバイ旅行以来行けてないです。(^^ゞ

ちなみにこんな魚が釣れます。(^^v


      姿、形のわりには美味!お刺身、ソテー、フライがGood!

        塩焼きOK。開いて一夜干しにすると絶品!(^^v

      コガネシマアジ。高級魚ですよ!お刺身が最高!

    ファイトは最高海ナマズ!釣れたら人にあげちゃいます。(笑)

              なぜかこんなのも・・・。(^^ゞ

      ここでは最高級魚のキジハタ。(現地名ハムール)

ねぇ?これじゃあ釣りに行っちゃうのも無理ないでしょう??(^^ゞ


しかし、多くの?あさきちファンの期待にも応えないといけません。(笑)
なんとか貝殻ネタはないものかと考えていたのですが、意外と近くに
採集ポイントがあったではないですか!


          手前がAl Reem、奥がAl Suwa Is.

ただ今、開発真っ最中のAl Reem島とAl Suwa島の間の水路です。
水あるところに貝殻あり?(笑) とにかくチェックしてみましょう。


        同場所干潮時。埋め立てた砂が崩れています。

干潮時に水際を歩いてみると、予想以上に貝殻が沢山落ちてるではありませんか!
でも、波なんか立たないこんな水路でなぜ????


              わりと新鮮な貝殻のように見えます。

どうやら満潮時にボートが往来する引き波によって、壁が侵食されているようです。
ならばと、崩れたあたりをよく観察してみると、


                    おおっ!!


                    なんと!!


                こんな場所から(^^ゞ

聞く所によると、サンドポンプで海底からもってきた砂で埋め立てたそうです。
なるほど、新鮮な貝殻が出てくるのも納得です。

タカラガイも数種類落ちてます。でもみんな遅すぎダカラばかり・・・・。

しかし、何度も通っているうちについに発見です!!
(注:このすぐ横で仕事してますので、決してサボって通ってるわけでは・・・ )


          かなりツヤツヤ!水管付近は見ない事!(^^ゞ

おおお〜、カバフですねー。(^^v  なかなかいい状態ではないですか!


             内側の付着物は見ない事!(笑)

内唇歯が薄く短い、いわゆるコウカイカバフダカラのフォームに良く似てます。

ただ、こちらのカバフ、奥が深いんです。


               打上ものも混ざってます。

大きさの大小も著しいし、シルエットもエダカラとアリソンほど違います。
でも、腹面は内唇歯が薄く短い、殻口がやや広い、という特徴は共通です。

ほかには、



        滑層はよく残っているんですが、色あせが進んでいる?

ハナガスミダカラですね!(^^) これもつやつやなんですが色が抜けちゃって
しまってるのか、ずいぶん印象が違います。

でも、こんな色あせの仕方、するんでしょうか????
他の種は死殻でもこんなあせ方はしないような気がするんですが・・・。

これはもう、生体採集して確認するしかなさそうですね!
もうすぐイスラムの祭日があるんで、ぜひ生体採集にチャレンジしてみたいものです。

さすがにこちらも泳ぐには少々肌寒くなっちゃいましたが・・・。(^^ゞ