リベンジなるか!?串本再挑戦!!

2005年8月6日

この週末、我が家の奥様は、お気に入り歌手の野外ライブへと東京へ旅立ちました。
お嬢様も奥様と同行です。って事は・・・・・。
週末、完全自由じゃん!!!

潮も大潮と絶好のチャンス。先週のオーバーワークの疲労がかなり残っては
おりますが、こりゃ行かねばなるまい!!!

5時半に自宅を出発し、200`先の串本を目指します。
心配していた高速道路の渋滞も、この時間なら大丈夫。7時過ぎには紀伊田辺に到着です。

今日の干潮時刻は正午。まだたっぷり余裕があるので、いつものポイントで打上採集です。
車を降りようとすると・・・・腰が痛〜〜い (T_T)
寛平ちゃんのような姿勢で磯に降りてゆきます。(笑)


           全くショボイ結果でした・・・・(^^ゞ

お嬢様が、夏休みの工作に貝殻をあしらった貯金箱を作るそうなので、
適当に材料となるものもお持ち帰りです。
でも、わざわざ持ち帰らなくても、自宅に充分あるんですけどね・・・・(^^ゞ

さらに車で南下です。


   串本まではあと80キロほど。ここから国道でかなりかかります。

途中の道路情報掲示板の文字が目に飛び込んできました。

「波浪注意報。通行注意」

おいおい、車が波をかぶるって事ですか??
冗談はよしこさんですよ、全く・・・・(-_-;)

すさみ町あたりで海岸沿いに出ます。車を止めて海を見ると・・・・・、


             堤防、越えてるし・・・・ (T_T)

沖合いはほとんど荒れていないのに、へんなうねりが入っているので、磯際で
大きく波が巻き上がっています・・・・・。
これじゃあ、潜れません。 リベンジどころか、勝負する前に負けてます(笑)

仕方がないので打上採集です。
昨年、結構いい打上げ採集が出来たポイントへ行ってみます。


           なかなか良いものが混ざりました(^^)v

しかし、やはり打上だけでは満足できません。なんとか穏やかな場所は
無いものかと車を走らせます。


   恋人岬。この右側ならいけそうですが、降りる道がわからず断念。


             ここなら大丈夫でしょう!!

波おだやかなポイントを発見!早速支度をして潜ってみます。
・・・・・・・・一時間以上探索するものの、一匹のハナマルさえいません・・・。
珊瑚は結構あるのですが、やはり内湾。かるく砂をかぶったような磯だからでしょうか?

すでに諦めモードです。
残された選択肢は・・・・某有名浜を耕すしかなさそうです (T_T)

車で有名浜を目指します。途中で雀さんがSPオミナエシを採集した磯が見えてきました。
見下ろしてみると・・・・・ん・・・??んんんん???
波が無いーーー!!!潜れそうじゃん!!!
すごいスピードで(笑)坂を駆け下り、早速潜水です!!!
な、なんと、一つ目の転石でコモンダカラ発見!!!!
しかし、背がハンバーグバージョンでした。


      よく老成したコモンちゃんだったのですが・・・残念(>_<)

いつもの常連さん生貝をいくつか採集できて、ほっと胸を撫で下ろします。
背が白くなったヤクちゃんとコモンちゃんはリリースです。

しかし、ここはもっといい貝が採れるはずの場所。
しばしの休憩後、再び突入です!!

その結果・・・・

     
          やったーーー!!いいカモンゲットです(^^)v

リングなし&ダブルリングハナビラや、小振りなヤクちゃん、そして、大きな生カモン!!
波浪注意報で生貝は諦めていたので、結構満足です(笑)

もう疲れて泳げないので、最後は某有名打上浜です!!
痛む腰もなんのその、約3時間に渡って耕すものの、得られたのはピカピカクロひとつのみ。
なんでも小学生の団体様ご一行が先に耕していかれたそうです・・・(+_+)

 あー、よく遊んだぁーーー。さぁー帰るかーーー。

走り出すものの、くたくたで頭が半分寝ているようです(笑)
運良く、全く渋滞にあわずに帰ってこれたものの、命の危険を感じて(笑)
岸和田SAでピットストップです。
車を止めてシートを倒した瞬間、爆睡です(笑)
1時間ほど、ぐっすり眠って、自宅到着は23時を回っていました・・・・。

あー、しんどかったー。
やはり串本遠征はお泊り必修ですね・・・(^^ゞ