Log-97

2015年7月13日

沖縄本島 名護市
ポイント名「喜瀬ビーチ北」




コンパスを目標方向に向け、Nの位置にベゼルの凹を合わせます。
帰りはこの凹の位置にSが来るようにして、赤ラインの指示する方向に帰って
くれば少なくとも岸に向かって帰ってこれます。

今まではイントラやバディにくっついていただけなので、良い訓練です。(^^ゞ

水中はやや濁ってはいますが、大丈夫。
海底は転石できる死サンゴ礫や岩が結構沢山あります。

居そうな礫をめくりながらゆっくりと沖に泳ぎだします。


            まずはコモンちゃんがお出迎え。

素潜りなら、コモンとか出てもわざわざ写真撮るために何度も潜りなおすのが
面倒ですが、タンク担いでたら写真も楽々です。(^^)


            たぶんハナビラの幼貝かな?

水深は3m程のままほとんど深くなっていきません。
もしかして、干潮なら1m位になるかも?(^^ゞ
そんなポイントでわざわざタンクで潜らなくてもって感じもしますが、やっぱり
素潜りより楽ちんです。(^^ゞ




                またコモンちゃん。

もうかなりの数をめくっていますが、こもんが3〜4個出てくるだけです。
案外お宝は少ない感じです。



                    ヒラメの仲間?

どんどん沖に向かって泳ぎますがまだ水深は3m。(笑)
たまにコンパスで岸を確認してから水面に出て目視で再確認します。
うんうん、ちゃんと岸の方向を確認できてます。(当たり前ですけど。(笑))


                大粒のカモンちゃん。

やっと違うお宝が出てくれました。
この周囲でさらにふたつカモンちゃんを確認。(^^)v
カモンは外套膜写真撮ってあるので、そのままスルーです。


                 クマノミ幼魚

何処まで行っても水深は3mだし、相変わらずお宝はほとんど出てこないし・・・・。
ダイコンを見るともうすでに80分潜ってます。
エア残はまだ100近くあるけど、さすがに喉が乾燥してかなりツライっす。(笑)

そろそろ引き返すことに。

礫の裏を確認しながら戻りますが、相変わらず出てくるのはコモンちゃん位です。

2/3ほど戻ったあたりで、もうほとんど期待もせずにめくった礫の下から・・・・・・・・・、



ついに出ました!!!!(^^)v





                よっしゃ〜〜〜〜!

スソヨツメ発見〜〜!前にも奄美で見つけてはいたのですが、その時は外套膜を被った
生態写真をちゃんと撮ってなかったので、今回の目的のひとつがスソヨツメを見つけて
写真を撮るって事だったんです。(^^)v

水中でシャッターを押しまくります。
水中写真って、モニターを確認するだけではどの程度きちんと撮れてるかが分かりにくいし、
次にスソヨツメの生と出会えるのって何時になることやら解んないので、とりあえず色んな
角度から気の済むまでシャッターを押しまくります。

その為に32GBのSD入れてるんだから。(笑)

こころゆくまで撮影した後、そっと元の転石下に戻しておきます。

大満足でエグジット。ダイコンを見ると112分だって。(笑)





最大深度      3.1mm
潜水時間      112分
水温         27℃
5mmウエットスーツ
ウエイト       4kg


        採集記へ戻るには、ブラウザの「戻る」でどうぞ。

         LOGBOOKへ