Log-93

2015年6月15日

和歌山県 白浜町
ポイント名「ハマロック」

GW以降、ずーっと仕事が忙しく、ほとんど自由な時間が取れませんでした。

こうなりゃ平日の比較的なんとかなる日に有給をとって行くしかないでしょう!
と言う訳で、沖縄遠征前のラストチェックダイブに行ってきました。(^^ゞ

お世話になったのは「アクアマリンシラハマ」さん。
イントラのIさん、すっかりウサギに目覚めてくれたようで、数年前のウミウシブーム到来直前に
感じた「これは来る!」という感覚をウミウサギにも感じてくれているようです!(^^)v

ついに「貝」もメジャーの仲間入りか?(笑)


             ハマロックの地形ポイント。

Iさんが撮ってくれた写真で、写っているのはあさきちです。ちょうどあさきちがいるあたりの
壁の窪みに外套膜全被りのタカラガイをIさんが発見!


         こ、これは・・・・・・・・・・、ついに出たかっ!

この細さ、そしてこの外套膜の感じ。ついに憧れのあの「アミメダカラ」なのでは???

あまりに興奮してしまい、(笑) うまく写せません。しかも、ウニががっちりガードしていて
指も届きません。数枚撮影後、BCのポケットからステンレスの指示棒を取り出して確認!

ついにこの日が来たか!!!!!!!、と手にしたその貝は・・・・・・・・・・・・・・・、

ヤクシマ幼貝でした・・・・・・・・・・。(+o+)

串本ではアミメノ死殻を何回も確認していたのでついつい期待しちゃいました・・・。(^^ゞ

ちょっとがっがりしながらも、探索を続けます。


               テンロクケボリですね。


            ツグチガイ?ダスト写りまくり。(^^ゞ

このサイズのウサギちゃんは外套膜で覆われていると、ウサギに詳しくないあさきちには
全く何ウサギなのかわかりません。(^^ゞ

かといって、手に取って確認することも出来ないし、、、。どうしましょう??(笑)



           ヘビガイ?に入るテンクロスジギンポ

Iさんに、「これ、ヘビガイの殻に入っているんですよ」と知ったかぶりしたんですが、
正解ですよね??ちょっと自信がゆらいじゃって・・・。(^^ゞ


                   ボブサンウミウシ

今日は2人でマンツーマンのダイビング。
ついつい他のマクロネタなんかもじっくり楽しんじゃって、あっという間に60分。
あさきちのエアも50切ったので安全停止の後、エグジットです。

じつは45分経過頃から急に冷たさが厳しくなり、かなり呼吸が荒くなってエアの減りが
早くなってたんですが、原因はウエットのチャックの上げ忘れでした。(>_<)

そりゃ、寒いわな。(笑)

このポイント、1月2月に潜ったらきっとFDなツルピカお宝ざくざく落ちてそう。(^^)


最大深度      15.6m
潜水時間      63分
水温         22℃
5mmウエットスーツ+フードベスト
ウエイト       4kg