Log-84

2014年12月07日

THAI LAND サメサン島周辺
ポイント名「ロンコン」

昼食を済ませて、3本目は全員(6名)で潜ります。(^^)

ここのイチオシ生物は「ニモ」なんだそうです。(^^ゞ
そういえば、ここタイでは今までハナビラクマノミしか見てなかったなぁ。


            かなり大きなアネモネ畑です。

ハナビラクマノミはそこらじゅうにいますが、ニモはほとんどいません。

ようやく一匹見つけました。


         他のメンバーもこの一匹しか見なかったそうです。

上がってからよくよく聞くと、近くにアクアリウムフィッシュを養殖している所があって、
そこでカクレクマノミの稚魚をダイブショップの人達が70匹ほど購入してここに放した
そうです。(+o+)

目玉生物を作りたいのはわかるけどねぇ・・・。(^^ゞ

岩の隙間にヤクシマを発見!


          ちょっと若いのかと思いきや・・・。


                 フリーク個体でした。

外套膜出しにくそうですね〜。だから模様がのらないのか??


             枝サンゴ系がほとんどないです。

きっと水温が高すぎるのでしょうね。12月で30℃もあるし。
タカラガイにとってもあまり居心地のいい水温ではなさそうですね。


           見つかるのはヤクとホシばかり。

ここでも結構転石してみましたが、他の種は出てきませんでした。
ハナビラ、キイロ、モドキさえいないみたい・・・。


             3本目のポイントを船上から


                港に戻ってきました。

器材を車に積み込んでバンコクに戻ります。
途中、港近くのお土産屋さんに寄ってみると、


            貝細工がたくさん売ってます。

あるじゃん!!タカラガイは〜、と探してみますが、やっぱりないですね。
貝細工の定番というか基本パーツのハナビラダカラさえないです。

あったのは状態の悪いハチジョウ、ハナマルユキぐらい。

ここいら周辺はキイロ、ハナビラもいないようですね〜。(^^ゞ
環境破壊とかでなく、もともといないんでしょうね、この水温では。

まぁ、ダイビングしてるだけで充分楽しいから全然OKなんですが。(笑)



最大深度      7.1m
潜水時間      47分
水温         30℃
ウエットスーツ    5mm 
ウエイト       5kg(アルミタンク)