Log-76

2014年11月9日

THAI Pattaya
ポイント名「KOH KLUNG BADAM



やってきましたタイランド!!もちろん会社のお金ですが。(^^)v
今回は40日ほどの出張、さぁ、楽しむぞ〜!(笑)

早速最初の日曜日、バンコクのGOGODIVERSさんにお世話になりました。

当日、5:30にホテルまで来てもらって、他にもう2人を別のホテルでピックアップして
ハイウェイに乗り込みます。

メールでの話では今日は「サメサン」という場所の予定だったんですが、サメサンの
ボートが急遽貸切になったみたいで、パタヤ沖で潜るそうです。


             道中のサービスエリアにて

7時頃にマックもケンタッキーもセブンイレブンもなんでもあるドライブインに到着。
それなのにあさきちはローカルのお店で現地のヌードルを堪能。(^^)v


         米粉の麺かな?味の素が効いててGOODです!(笑)

40バーツ(135円ほど?)で大満足の朝食を頂き、再びパタヤを目指します。


          まるでハリウッドのような「PATTAYA]看板。

なが〜いビーチはちょっとハワイに似た雰囲気ですが、やっぱりアジアンチックな
雰囲気です。日曜日と言う事もあってか、ビーチは人、人、人だらけ!
海上はもつれるんじゃね?という位パワーボートとパラセーリングだらけ!(笑)

絶対に重大事故が年間何回か起きていそうな雰囲気です。(^^ゞ

本日のダイビング船です。(^^)


             二階建てのかなりの大型船

タイには日本人向けのダイビングショップがバンコクに2軒、パタヤに1軒ありますが
どこでお世話になっても結局みんなこの船に乗って一緒にダイビングです。(笑)


               今日はゲストが36名!

白人のゲストも10人ほど、他店の日本人イントラや船専属の外人ガイドもいて
船上も人、人、人で大賑わいです。(^^ゞ


    この船はキッチン付き。美味しい出来たて昼食が楽しめます。

本日、GOGODIVERSのゲストは6名。そのうちアドバンスの受講者が4名と言う事で、
イントラのKさんは講習に、あさきちともう一人のベテランさんは船の専属外人ガイドの
トーマスにガイドしてもらいます。

港から一時間半ほど沖合のポイントに到着。
貝先生に鍛えられたおかげでこの大人数の中、一番にエントリーする準備が出来てます。(笑)

誰よりも先にエントリー〜海中に。が、しか〜し!!!


              透明度悪いなぁ・・・。(+o+)

ボートから見ていた分にはわりと良さそうだったんですが、バリで潜りなれたせいか
全くの期待外れでね〜。(>_<)

文句言ってても仕方ないので水深10m前後をドリフトで流されながら見ていきます。


            地味なサンゴに小魚ばかり。(^^ゞ

綺麗な枝サンゴやテーブルサンゴはほとんどありませ〜ん。

地味ーな海底をひたすらドリフト。ハゼ系は結構いますが、ドリフトだし、バディは
カメラ持ってないし、透明度悪いし、ゆっくりハゼの写真も狙えません。(^^ゞ


       黄色いギンガハゼはそこらじゅうに居たんだけど。

トーマスが何か見つけたようで、あさきちの到着を待ってます。岩の下を覗き込むと・・・、


      カラフルなスティングレイが。でもピンボケ&ダスト。(^^ゞ

このポイントではこれが最高のサプライズでした。(笑)

最後尾をたまに転石しながら(笑)見てたんですが、生タカラは見つからず。
口だけハツユキと白化ヤクシマを見つけただけ。(^^ゞ

60分たったあたりでトーマスが浮上のサイン。ゆっくり海面に出ます。

が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

周囲を見渡してもダイビング船が見当たりません!!!!


        調子にのってドリフトし過ぎたようです。(@_@;)

海面で待つ事30分。顔面はじtりじり焼けてくるし、相変わらず船は見えないし、バティは
島に上陸するし、ガイドは焦ってるし・・・。(>_<) これはもしやプチ漂流?インドネシアの
事故が頭をよぎります。たった30分でこの不安感と日焼けの不快感が半端ないです。

2〜3日漂流なんて考えただけでもぞっとしますよね。

それから10分後、やっと僕らを探していたダイビング船が視界に。(^^)v

水面休憩?40分後に無事エグジット。(笑)
トーマスはガイド仲間に色々からかわれてすっごい落ち込んでます。

トーマス、モーマンタイだよ〜。(^^)




最大深度      10.4m
潜水時間      60分
水温         30℃
ウエットスーツ    5mm 
ウエイト       7kg位?