Log-51

2014年5月18日

インドネシア バリ島
Seacret Bay


2本目はあんな感じのダイビングだったので、ガイドはリックひとりで充分、
と言う事でヘリとサトミさんは僕らが2本目潜っている間、新たに周辺を
リサーチしてたようです。

なんと、そこでミミック・オクトパスが2匹も出たそうで。(@_@;)
しかも、かなりレアなオコゼもいたそうで。

3本目はその目撃ポイントを回って、その後一本目とは違う漁礁を回る
予定です。


              えーっと、名前忘れた。(^^ゞ

2人とも結構興奮してたので、ここではレアなオコゼなのでしょうね。

あさきちにはあまり違いが解りませんが。(爆)

この先で目撃されたミミックをヘリが探しにいってくれましたが、残念ながら
いなかったそうです・・・・・・。動画で変態シーン撮りたかったなぁ。(^^ゞ


               えぇっと、、、テグリ?


          これはハチマキダテハゼかな?


          ひれの青が特徴的なんですが・・・。(>_<)

いや〜、ホント知識がなくてすみません・・・。(^^ゞ
ちょっとづつ覚えるように頑張ります!(笑)



              オオモンカエルアンコウ

大体、こんなに色んな色があって全部一緒の種なんて、あり得ないっす!
色で騙されて同定しにくいのなんのって。


                   これも同じ?


                 オイランハゼ

ほっぺのピンクが可愛いこのハゼはここのエントリー&エグジットポイント
近くの、水深2mあたりにたくさん住んでます。

ハゼ類の撮影では、ひれが全開の状態がもっともいい写真だそうです。
でも、写そうと構えているとなかなか開いてくれないものです・・・・。(^^ゞ


          ちょっと遠くて中途半端ですが。(^^ゞ

ダイビングって、結構お金がかかるレジャーで、平均1本5千円ぐらいでしょうか?
それを考えると、たくさんの失敗写真を撮っているより、一枚だけでもいいから
ベストショットを狙うべきなんでしょうね。

でも、そうすれば45分間同じ場所に着底しっぱなし、となっちゃうし・・・・。(^^ゞ

肉眼で見てるだけでも充分楽しいんですが、このページの読者に同じ感動を
伝えられないのが残念です。

一眼買うか!?  いやいや、、、それはちょっとねぇ・・・・・・。(^^ゞ





最大深度      9.4.m
潜水時間      59分
水温         27℃
ウエットスーツ    5mm 
ウエイト       6kg