Log-35

2014年4月13日

インドネシア バリ島
ハウスリーフ先 Pearl House


一旦ダイビングセンターに戻り、おやつ休憩です。


      桟橋先端から見たダイブセンター。自然のど真ん中。(^^)


          自家製手作りチョコレートケーキ!(^^)

バリ島に住んでいると、こういうケーキ類など全く口にする機会がないので、
本当に嬉しいし、美味しい。(^^) 3つ食べたかったけど、ふたつで我慢です。(笑)

いつもこういうのが出されるかは不明です。ゲストの数にもよるんだと思います。

さて、次のポイントはボートで1〜2分で到着する、目の前の真珠養殖棚周辺です。

リックとお魚派のご両人と、4名でエントリーです。(^^)

湾の出口、しかも真珠だけでなく養殖のイケスがたくさんある為か、透明度はやや悪いです。
7〜8mと言ったところでしょうか?

しかし、マクロ撮影なら全く問題なしです。(^^)


                  1.5cmほどのガラスハゼ


          動かないから狙ってみました。(笑)

この動かないハゼをストロボを焚いたり、焚かなかったり、といろいろ夢中で試して
いてハッと気づくと他の3人のうち2人が見当たりません。

一旦ちょっと浮いて360度見回してみたんですが、見当たりません。
もう一人、近くで撮影されてた一枚のBCで1500本オーバーの方があさきちが
慌てだしたのを見てちゃんと進む方角を示しながら先導してくれます。(^^ゞ

エキジットした後に聞いてみると、「夢中で撮ってられたのできっとそうなるだろうと
思って近くにいてました。撮りたいのもいたので。」との事!(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

撮影に入る前は他の方が進む方向を確認しておくことが非常に大事だと教わりました。

いい経験させて頂き、ありがとうございました。(^^ゞ


           ちゃんとストロボ届いてますね。(^^)


            クマノミって、やっぱり好きだなぁ。(笑)


エキジット後、本日タイから潜りに来られた男性と日本人計6名で楽しく夕食です。
結構貝に詳しい方で、貝トークに花が咲き、(笑) 非常に珍しいパターンだと
サトミさんがおっしゃってました。

みんな海の生き物好きって事で、やっぱりお話させて頂いていても楽しいですね。
今日一緒に潜って頂いたみなさん、ありがとうございました。(^^)

また来週もおじゃましますのでよろしく〜。




最大深度      14m
潜水時間      62分
水温         31℃
ウエットスーツ    5mm 
ウエイト       6kg(アルミタンク)