Log-18

2013年8月14日

ポイント名 
「島廻り」


年を取ると、いくら疲れていても早く目が覚めます。(笑)

ホテルの硫黄が香る温泉でゆっくり朝風呂を堪能し、予定時刻の
10分前に朝食会場へ。混雑するからか、やはりもうOPENしてました。(^^)v

さくさくっと朝食を済ませ、車でダイビングセンターに移動。約束した時刻
ちょっと前に無事到着です。(^^)

今日は僕たち二人以外は全員体験ダイブのお客さんだそうで、ガイドスタッフの
空きもないそうです。

本当は今日お休みの予定だったボートのキャプテンに船を出してもらえないか
お願いした所、午前中ならOK!と言う事で早速ボートで「島回り」へ。

ここは一回では回れないほどの大きな根で、今回攻めるポイントには洞窟と
亀裂になった割れ目があり、そこがメインの貝探しポイントのようです。


        オレンジハウスの船。最大40人乗れます。(^^)

GPSもついているこの船ですが、キャプテンのポイントへのアンカー投入の腕前は
大したものです。複雑な沈み根のピンポイントにきちんと入れてくれるので、
入ってからどっちに進むのかすぐに判断できるそうです。

あっ、勿論Tさん談です。あさきちはついて行っているだけですから。(^^ゞ


              左上が本日の潜航ルートです。

ここでも水面からエアーを抜いて潜航後、頭から一気に潜ります。
必死のパッチで耳抜きをしながら(笑)、離されないようがんばってついていきます。


         海底から。透明度は今日もいいです。(^^)

着底後、洞窟ポイントまで移動し、Tさんが探索している間、あさきちは根の際を
海中磯乞食(笑)。

結構タカラガイが落ちているので、何個かつまみあげて確認すると、おおっ!!


              ヤナギシボリは幼貝。

先月、3個まとめてGETしたスソムラサキのFDが!!!!
しかも、先月採ったのは知念ちゃんっぽい奴だったんですが、これは
亜美ちゃんっぽい可愛い子ちゃんです。(笑)


         海中磯乞食、やめられまへんなぁ〜。(笑)

ヤナギシボリも、磯採集ではこんな若い貝は絶対持って帰らないんですが、
海中に落ちている肉抜き不要のFDなら話は別です。(^^)
打ち上げ殻でここまで良い幼貝はなかなかないですからね〜。

もう充分満足です。あとはTさんを見失わないよう気を付けながらお魚を撮ったり
ファンダイブです。(笑)


         魚って、すぐに方向変えるから難しい〜!


          じーっとしてくれてたらピントも合います。(笑)


         イソギンチャク畑にはたくさんのクマノミが。

流れのある場所でのクマノミ撮影は難易度高いです。(^^ゞ




                   結構流れてますよね。(^^ゞ






最大深度    26.5m
潜水時間    51分
水温       22℃
ウエットスーツ  5mm 
ウエイト     4kg