Log-166

2017年5月03日

和歌山県 串本町
ポイント名 「彦右衛門」


だんだん手抜きログになってきてますね。(^^ゞ


      根の上はスリバチサンゴなどのサンゴがびっしり



          ツブツブコイボウミウシ


            アカホシカクレエビ


            キイロイボウミウシ


            イガグリウミウシ

ここでは貝先生がフシデサソリのFDを見つけたり、あさきちがひれじゃこを
見つけたりしましたが、どちらも写真ないですね。(^^ゞ

根は見て回ったけど、まだエアと時間に余裕があるのでゆっくり根の上を泳いでいる時、
なぜかアンカーがどぉーんと近くに落ちてきました。(@_@;)

あぁ、アンカーが引けて打ち直したんだ、と思ってたんですが、良く考えると
このポイントは係留ロープとブイがあって、それにボートを固定していたはず。

なぜアンカーが?????

船に上がって確認してみると、どうやら係留ロープが海底付近でブチ切れちゃった
そうです。

ここの係留ロープはトゲトサカ類が沢山ついていて、減圧停止のいい暇つぶしに
なってたのに。(^^ゞ

ちぎれたロープを放置するわけにいかないのでボートでひっぱって港まで持って帰って
きました。ウサギちゃん達まだついてるんじゃない?と言う事でトサカを調べる貝先生。
(奥は船長)


         もう洗い落とされちゃったと思ってたんですが。

トサカがぎゅっと縮んだおかげでしょうか?やっぱり付いてました。


             テンロクケボリかな?

3つも見つかりましたが、もっと居たんでしょうね〜。



最大深度      18.0m
潜水時間      56min
AVG水深      13.6.0m
水温         19℃