Log-16

2013年8月13日

ポイント名 「グラスワールド」



しばしの休憩後、2本目はボートで。(^^)v
次のポイントはグラスワールド。ここは南紀でいちばんチドリの打ち上げ殻が
上がる浜の沖合です。運がよければ生チドリ見つかるか?(^^ゞ

今回のボートには大学生のサークルの人たち?7〜8人も
同乗していますが、僕たち二人は全く別行動の予定です。(笑)

しかし、このポイントはあくまで学生さんたちが選んだポイントに僕たちが
付いていく、という構図なのでタカラガイはどうでしょう??(^^ゞ

バックエントリーで入水後、BCのエアーを抜き頭を下にして潜航していきます。
実はボートからのダイビングではいつもロープ潜航だったので、少々不安では
ありましたが、何とか耳ぬきも問題なくクリアして着底です。(^^)v

早速学生さんたちと距離をとって(笑)、貝探しです。

が、なかなかタカラガイは見つかりません。(^^ゞ

根岩の底づたいに移動します。海底は砂で、軽く手で砂をあおぐと貝殻が
探しやすいのですが、チドリ死殻はたくさんあるものの、みんな古くて
状態の良いものが見つかりません。

Tさんはタカラガイだけでなく、貝全般に詳しいのでこういったポイントでも
良い貝がたくさん見つかっているようですが、あさきち的には貝よりも綺麗な
魚達に目移りしてしまって(笑)、カメラで追っかけまわします。(^^ゞ


          浮遊物も少なく、楽しいダイビングでした。(^^)


      フエフキダイの仲間でしょうか?よくわかりません。(^^ゞ


え〜っと、赤かぶりしてるんですかね?もともとどんな色の魚だっけ?(笑)
奥の色がそうなのかな??



                これも40cm位の魚

この魚はこんな色でした。(ハズです。(笑))でも、真横から撮れてません。(^^ゞ

やっぱ動きの遅い貝とは難易度が全く違ってきますね〜。

動かない魚ならこれくらいは撮れそうです。(^^)v


             派手なウツボですね〜。


           クマノミもいっぱいいます。(^^)

すでに貝を忘れてファンダイビング状態です。(笑)

まっ、いいか!串本の海は泳いでいるだけで綺麗だしね。(^^)





最大深度    18.3m
潜水時間    63分
水温       27℃
ウエットスーツ  5mm 
ウエイト     4kg