Log-159

2017年5月01日

和歌山県 串本町
ポイント名 「マリンセンター前」


一本目で同乗していたショップさん、講習&初心者同行と言う事で
ポイントのリクエストが僕たちと合わなかったのでビーチに行くことに。

ここ「マリンセンター前」は2014年はカバフ、サメ、ナシジが沢山見つかった
ポイントです。
なぜか去年はあまり居なかったんですが、今年はどうでしょう???(^^)

エントリーしてすぐに海底に大きな貝がいるのを発見。


                 イトマキボラ

なかなか存在感のある貝ですね〜。

透明度はボートポイントと大差ないですが、ここは平均水深の浅いビーチエントリー
ポイント、万一貝先生とはぐれても浮上して岸を目指すのは簡単なので気分的に
余裕があります。(笑)


                 アオウミウシ

その割には証拠写真程度の適当な撮り方ですが。(笑)

先行していた貝先生が戻ってきて何かを手渡してくれます。
確認してみると・・・・、


          スソムラサキダカラのFDでした。(^^)v

写真は露出オーバーで白く飛んじゃってますが、実物は色も濃くとても良い
状態でした。特に内唇側の紫のスポットがかなり上まで上がった美しい上物です。
こんな状態の貝が拾えるのはダイビングならではですね。(^^)v


               コモンダカラ

死サンゴ礫下からはコモンダカラ。結構ぽろぽろ出てきてくれました。


              ハツユキダカラ

この貝も数個体見つかりました。オレンジハウス前ではほとんど見かけなかったのに
ここでは健在でした。

そして、今年大当たりの貝がこれ


               カモンダカラ

今年はFDも含めて沢山見ましたね〜。
串本産カモンダカラ未採集の方は今年がチャンスかもです。


             別のハツユキダカラ


             別のカモンダカラ

ハツユキ並みにカモンが見つかります。(^^)



             ヒオウギガイ

やけにヒレが沢山立っているので、きっとヒオウギではなく、もっと珍しい貝だと
思って貝先生に見てもらったんですが、「ヒオウギです。」ですって。(^^ゞ

大きな岩棚沿いに泳いでいると、海底に転がっていたのは・・・・、


               ハチジョウFD〜!(^^)v


               う〜ん、もう一息ですな・・・。

たぶんあと2〜3週間長生きしてくれたら完全に老成したんじゃないかな〜?
でも、これはこれで結構満足です。(^^)v


            綺麗なハツユキFDを発見!



              文句なしの良個体です。

写真に撮るの忘れてましたが、この近くで凄く大きくて状態の良いカモンダカラ
FDも見つけました。(^^)v

先行していた貝先生がヤナギシボリを見つけたようです。


               ゆっくり撮れました。(^^ゞ

これは自力で見つけたチャイロキヌタです。


        チャキヌの生体は結局これだけだったかな?

この写真を撮っていると、遠くで貝先生が岩をカンカンたたいて呼ぶので
見に行ってみると・・・・・・・・・・・・。


               ダブルカノコ〜〜!!!

凄い?いやいや、本当はさらにもう一個体居たんです。(@_@;)


            なんと、ひと転石トリプルカノコ!!!!

そう、めくった岩に1個体付いていて、めくった岩のあった場所に2個体居たんです。
それだけでも凄いんですが、実はそれだけではなかったんです!!

すぐそばに状態の良いFDまでもが落ちてたんです!こんな事ある?って感じですよね。(^^)

エグジット直前には小さなヤクシマダカラのFDも発見!(^^)v


             可愛い個体でした。

いや〜、今年のマリンセンター前は熱かったです。(^^)/

あまりの熱さに体の冷えを忘れていたのか、エグジット直後から想像を絶する
尿意に襲われたあさきち、必死の形相で何度も襲ってくる大波に耐えながらドライの
チャックを一時も早く開けて欲しいのに、上がってきた貝先生はマスクを外した
視線の先に未撮影の貝を発見してしまったようでなかなか戻ってきません

○○寸前でようやくチャックを開けてもらい、しばし究極の快感を味わうのでした。(笑)





最大深度      7.8m
潜水時間      91min
AVG水深      4.4m
水温         20.3℃