Log-146

2017年1月29日

静岡県 大瀬崎
ポイント名 「先端」


さぁ2日目です。(^^)

昨夜は早く眠りについたので当然早く目が覚めます。(笑)

朝食の時間までうたた寝を満喫し、すっかりリゾートモードです。

朝食をすませて、今日の一本目もまずはここ、「先端」です。

貝先生は酸素ボンベ持参の本気モードです。
と言う事はMさんとバディダイブ、と言う事ですね。(^^)


           先端のドロップオフ。かなり急角度です。

昨日、あんなに見せてもらったうさぎさん達ですが、自力で探すと全く見つけられません。(^^ゞ
Mさんとつかず離れず潜航して貝を探しますが、、、、完全に「いませーーーん。」状態です(笑)

貝先生に借りた予備のダイコンはすでに35mを示しています。

なのにバディのMさんはあさきちよりもずっと深い場所で探索してます。

えっ?ちょっと深すぎじゃないですか????

昨日の事もあるので、あさきちは最大でも35m位をキープするんですが、Mさんはどんどん
深場に落ちていっちゃいます・・・・。(@_@;)

え??マジ????Mさん過去最大でも45m位って言ってなかったっけ????
今あさきちが35mだから、この透明度であの見え方ならきっと45m超えてるはず。
もしかして深度確認できてない???それとも、何かトラブル??????

かなり心配になってライトを振り回し信号を送りますが全くこちらに気が付かない様子・・・・。

そのうち姿が見えなくなり、泡だけが・・・。さらに泡も見えなくなっちゃいました・・・・・。

それでも、呼吸の泡が全く乱れてなかったので、トラブルではないと判断し、あさきちは
少し水深を上げて待つ事にします。

でも、やっぱり心配で、何かあったらMさんの奥様になんて説明しようかな、とか考えながらも
転石したりウサギちゃんの付いてそうなソフトコーラルを中心に見て回ります。(^^ゞ

そうこうしているうちに後ろに気配を感じると、貝先生が背後に。。
Mさん、見なかったですか?と聞くわけにもいかないんですが、特別慌てているような様子も
ないのでたぶん大丈夫なんでしょう。(^^ゞ

貝先生がBCのポケットから岩を取り出してます。
えっ?このパターンはもしや・・・・・・、


              じゃじゃーん!!!!(^^)v

なんと貝先生、深場からヒメハラダカラを見つけて来てくれました!!(^^)v

ヒメハラダカラ生体を海の中で見た人って、たぶんですが世界で100人いないと
思います。それ位、貴重な写真を撮らせて頂きました!
貝先生、いつもいつもありがとうございます。(^^)


               うーん、素晴らしい・・・。

気が付くとMさんも近くに戻ってきてます。あぁ良かった。これで奥様に怒られる
心配もなくなりました。(^^)


                貝探し中のMさん。

写真でもわかるように、ここは本当にゴロタ石ばかりで、それが何層にもなっていて
表面の石を転石してもその下にいくつもおなじような石が積み重なっているんです。

それでも、昨年ここの水深○○mで、貝先生がひと転石3キムスメダカラをツモったり、
Mさんはアジロダカラをツモっているんですよね〜。

何処かにいるんでしょうが、これだけゴロタ石だらけだと逆に転石する気力が削がれるし、
実際あさきちがいくらめくっても何にも出てこないんです・・・・。(^^ゞ

それでも、貝先生やMさんはハツユキやメダカラをツモってくるんです!!。
タカラガイが居そうな石を見極める何かコツでもあるんでしょうかね?????(^^ゞ

ヒメハラの写真もばっちり撮れたし、二人ともまだまだ上がる気配がないので
あさきちだけ先にエグジットさせて頂きます。(^^ゞ


        エグジット時に見える富士がまた最高ですね。

15〜20分後、やっと2人が上がってきました。
あさきちでも35m60分以上のダイブだったんですよ・・・・。(^^ゞ




最大深度      35m位
潜水時間      60min位
水温         16℃位 (笑)