Log-139

2016年8月11日

和歌山県 串本町
ポイント名 「オレンジハウス前ビーチ」



あさきちと貝先生がボートダイビングしている間、pika1さんは2年前に
クロハラダカラのFDを見つけたMR2ポイントに出向いたり、串本の会長から
聞き出した「オオアマガイ」なる貝を探したりしてたようです。

結果は芳しくなかったようですが。(^^ゞ

今年のMR2は、打上貝が本当にダメみたいです。
今年は台風が来たとしても、海の中がアレじゃあ期待薄ですね。

オレンジハウス前ならpika1さんも何度も潜ってるので準備しますが、やはり
数年前とは体型が変わってしまったようで、ウエット着たりタンク担いだりするのに
一苦労されてました。(笑)


                サンゴが綺麗。

お盆だし、朝からもう何組かのダイバーが入ってるので、浮遊物が多いですが、
それでも充分綺麗ですよね。

3人それぞれ別行動で探索します。するといきなり発見!(^^)v


                クチグロキヌタです。(^^)

前回見つけた時は、あまりシャッター押さずでしたので、今回は気が済むまで
撮影します。(笑)


              いい写真撮れました。(^^)v

しかし、その後が続きません・・・・・・。
メダカラを2〜3個見つけた位でしょうか? やはり全体的には激減しちゃってます。


                   オビデンスモドキ

幼魚はもっと変な形をしていて、ダイバーには人気の被写体です。

海から上がって、3人でまたあの台湾料理の店へ。(笑)
今回は無難にから揚げ&ラーメンセットを注文。うん、これは大丈夫。
先生曰く、「から揚げが不味いって事はまずないでしょう。」と。言われてみれば
そりゃそうですよね。(^^ゞ

夕食後、オオアマガイがとっても気になっている2人に拉致されて、潮岬方面の
夕やみ迫る磯へ連れて行かれます。

半ズボンだし、ライトも持ってなかったし、そんなに乗り気でもないあさきちは2人が
戻ってくるのを適当に何か探しているふりしながら待ってたんですが、2人とも全然
戻ってこず、宿に帰る気配すらありません。(笑)

もう周囲は真っ暗闇で、こりゃ見つけるまで帰る気ないな、と悟り、(笑)、オオアマガイの
特徴を聞き出して自分で見つけてしまう作戦に変更です。(^^ゞ

iphoneのライトで磯際を探してみますが、そういった特徴のアマガイはやはり見つかりません。

代わりに綺麗な色をしたアマガイを3つ見つけてキープ。
戻ってきた2人に見せると、なんだか大興奮してます。え?これがそんなに珍しいの??


             先生が後日撮った写真です。

まったく同じ配色の貝が3つ近くに居たんですが、その後その周囲を探してももう
出てきませんでした。

貝全般にとても詳しい2人が2人して、「これは見たことない、新種かも。」とか言い出すので
ちょっとびっくりです。権利ありそうなので名前はシオノミサキアマガイにしときます。(笑)

喜んでいただけるのならぜひどうぞ、と言う訳であさきちの手元には残ってませんが。(^^ゞ

生息場所は・・・・・、ヒミツです。(^^ゞ

あっ、オオアマガイですが、会長に居ませんよ〜、と電話したんですが、よくよく聞くと
場所間違ってました。(笑)


最大深度      7.1m
潜水時間      83min