Log-137

2016年8月11日

和歌山県 串本町
ポイント名 「双島沖2の根」



実は昨夜のホテルディナーには間に合わなかったんですが、なんと石川県から
pika1さんが急遽串本入りしてきました。(^^)

ショップの方はもう自宅に戻られていたんですが、部屋の押し入れを開けると
ちゃんと予備の寝具があったのでふとんを三つ並べたら足の踏み場もない部屋で
勝手に就寝しちゃいましょう。(笑)

あっ、翌朝ちゃんと説明して宿泊費も支払らわれてましたよ。(笑)

pika1さんはCカード持ってますが、ボートはちょっとしんどい、と言う事なので
また先生と2人で貸切ボート出してもらいます。(^^ゞ

昨日の夕刻の事ですが、ディナーの約束時間ぎりぎりまで撮影で潜っていた先生に
「明日のボート手配しておいてくれます」と頼まれたので、ボートの予定表を見ると普段は
一本目が7:30なのに、明日の予定では11:00が一本目になってます。???

ショップのおかみさんにおそるおそる「明日の朝11時までにもう一本ボート行きたいん
ですけど・・・。」と申し出ると、「一応船長に聞いてみてあげるわ〜。」とすぐに電話してくれて
「ええって言ってるよ〜、入れとくわな〜。」とのお返事。(^^)v

と言う訳で今朝も貸切お大臣様ダイビング。潜るのは勿論外洋です!(^^)v


              なんだろ??カキ????(^^ゞ

今日も超クリアーな海です。(^^)v今回は本当に透明度よかったなぁ。



              亀裂にはナミマツカサ

この魚見るたびに美味しそう、って思うのは姿がちょっとキンメやノドクロに似てる
(色だけかも(笑))からかな?(^^ゞ 例年、この風景の奥にはイセエビが居るんだけど、
今年はホント気が付かなかったなぁ。ブダイが食べたのか???

壁際を流すとクロホシイシモチの群れを狙うミノカサゴが。


                明らかに狙ってます。



        これだけいりゃあ、食事には困らないでしょうね。

水深30mほどの海底のイソギンチャクからは


              アカホシカクレエビかな?

以前、白浜でこのエビが目的で一本潜った事があるんですが、結構レアなのかな?
しっぽが完全に透明なんですね〜。うしろのイソギンチャクが透けて見えてます。(^^)


             キンギョハナダイもたくさん。

いや〜、串本の外洋ポイント、何処潜ってもいいですね〜。(^^)v

磯の棚に大好きなこいつを発見!


                 ハタタテハゼ

背景が良く似た色でもcanonよりはピントがちゃんと魚に来てくれます。(^^)v
でも、まだ寄りが足んないですね・・・。(^^ゞ

そういえば、せっかく深く潜っているんだからアケボノハゼ出ても良さそうなのに。
串本の図鑑には載ってなかったからいないのかも。。

岩の亀裂で大量のセンジュモドキを発見!!
センジュガイって意外とレアなんですよ、とpika1さんが言っていたので、
一応何個か取り出して見てみたんだけど、やっぱり全部センシュモドキでした。(^^)


       全部で2〜30個体はここに固まってました。

いる貝は居る??それとも、たまたま集団産卵で固まってた???




最大深度      32.3.m
潜水時間      56min