Log-120

2016年6月4日

和歌山県 白浜町
ポイント名 中島


中島はあさきちがリクエストしたポイントです。

どーんと30mまで落ちる壁があるポイントで、前にエビを見に行った事があるんですが、
深場特有のケボリ類がいるんじゃないかな〜、と思いまして・・・。(^^ゞ

まずはアンカー集合周辺のヤギに早速アヤメケボリ発見!


                 おっと、ライトライト・・・。



                おぉ?イケたか??

同じ写真をトリミングしてみたのがこれです。


               う〜ん、ピン甘だ・・。(^^ゞ

いや、正確には遠すぎなんでしょうね。
もっと寄って撮るべきなんでしょうが、寄るとライティングが難しくなってくるし
中途半端に寄るとピントがオートでは合いにくいんですよね〜。


             ワイドはまぁまぁイケてます。

ちょっとライトを手前に当てて、あとはカメラ任せのオートなんですが・・。(^^ゞ



                コウイカベイビー。

大きなサイズの被写体はオートで充分ですね。

問題はマクロなんですよね〜。

結局、深場では当然レアケボリを見つける事も出来ずでした。
きっと居たと思います。貝先生なら2〜3種は軽く見つけたかと思います。
あさきちに貝を探す能力がなかっただけだと思います・・・・。(^^ゞ

深度を上げて、12〜3mの棚で再びアヤメケボリにチャレンジです!
アヤメはたくさん居るし、居るパターンが解ったので結構簡単に見つけられます。

カメラもいい感じに「ぴっ」(ピントあってるよ〜)っていってくれてます。

が・・・・・・・・・・・・、



                      ダメ


                     ダメダメ


                全くダメ (笑)

水中でピントが合っていない、と解っていれば左の手のひらなんかで合わせた
ピントを固定し、横にずらして撮影したんですが、あまりにカメラが調子よく「ぴっ」
「ぴっ」って言うもんだからすっかり信用しきってました。(^^ゞ 逆にモニターが
ぼやけて見えるのはきっと自分の老眼のせいだと思い込んでました。

オートを過信するのもだめですね・・・。(^^ゞも



              クマノミの卵を映す池さん

クマノミの総攻撃を受けてます。(笑) 噛みついてくるんですよね〜。。
立派な親心ですよね。(^^)

あさきちも写させてもらいました。


                何がなんだか・・・。(^^ゞ

まず、遠いんでしょうね。間にクマノミが入る充分な距離があるって事ですから。

池さんがあとで送ってくれた写真がこれです。



             いや〜、素晴らしい!!!

こんな写真が撮りたいんです!!こういった写真が撮れればどんな小さな貝でも
完璧に撮れるはずですよね〜。

上の写真で確認すると、左手からライトを当てて撮ってるだけです。
たぶん内蔵ストロボも使ってたと思います。

しかし、一眼でもないし、外付けフラッシュも何も付いてないし・・・。

もしかすると・・・・・・。カメラの性能がとってもいいんじゃない??(笑)
あのカメラさえ買えばあさきちにだって同じ写真が撮れるんじゃない??(笑)(笑)

いや、きっとそうでしょう!!(笑)(笑)(笑)

いままで我慢してきましたが、もう買っちゃいます!!
夏のボーナス投入しますからっ!!!(^^ゞ


             安全停止中の今回のメンバー

ワイドレンズを付けた写真がこれです。
もうTG-4、買うしかないでしょう!!(^^ゞ(^^ゞ

ログ付を終えて、みんなで海をバックに写真撮りましょう、と堤防まで出たんですが、
なぜかみんな海の方を見てます。(笑)

楽しそうでしょ?とっても楽しかったですよ。(^^)v


          Vサインだけはしっかりこっち向き?(笑)

モチロン、このあと正面からの写真も撮りましたよ。(^^)



最大深度      26.5m
潜水時間      47min
水温         21.6℃
ドライスーツ