Log-104

2016年4月29日


伊豆大島
ポイント名 「秋の浜」


ここは岩場からジャイアントストライドでエントリーするという、ビーチエントリーでは
珍しい場所なんですが、初心者や体験の人用に岩場の左右に単管パイプでがっちりとした
ハシゴが作られてあります。

エントリーポイントを見ると、結構なうねりが・・・・。(@_@;)

久しぶりのダイビングだし、いきなりナイトだし、という訳で、カメラも持たずに
ハシゴをゆっくりと降りてエントリー。先にエントリーしていた貝先生が波に揉まれてます。(^^ゞ
根性出して海中へ。タンクが14Lなんでドライスーツでもすーっと沈んでくれますが、今度は
なかなか右耳が抜けなくて苦労します。

結局、合宿中ずっと抜けにくくて、日に日に耳の痛みが酷くなっちゃいましたが。(^^ゞ

まずは深い水深に慣れる事が肝心です。ログをチェックすると過去の最大水深は33.5m。
やっぱり貝先生と一緒でした。(笑) しかもこの時、タンクの残圧ゼロまで吸ってるし。(^^ゞ

ここ秋の浜はゆっくり沖に向かってなだらかに深くなっていきます。
最悪バディロストしても浅場に向かって泳いで行けば必ず岸に近づくのでその点は安心です。
一応、コンパスで南も確認すれば完璧です。あとは水面まで出てしまって地形を見ればいいだけ。

それでも、初めてのポイントで、ナイトで、深場はちょっとドキドキです。

貝先生よりも深く潜らないmaskoさんをぴったりマークしながら泳ぎます。(笑)

貝先生はひとりでもっと下に降りてっちゃいました。(^^ゞ
結局70mまで降りたそうで(@_@;)、ツチヤエビスやミナベノコギリバケボリ、ウミナシジ×2、スジボラ
などを見つけてきてました。(@_@;)(@_@;)(@_@;)。

30mを超えるとダイコンの警告音がうるさいし、デコが出るダイブ(今まで無知で出したことはありますが)
なんて経験がなく、心臓の音だけが大きくなっていきます。きちんとデコクリアさえすれば大丈夫なの
でしょうが、例えば10分のデコクリアに残圧いくら必要か、とかが経験不足で分からないのがますます
不安要素になってついつい皆より浅い水深をキープする事に集中しすぎます。
そうなると、貝を探すどころか、早く上がりたい気持ちでいっぱいいっぱいです。(笑)

そんな調子で、あさきちはなーんにも見つけられずにエグジット。

過去最大水深だけはいきなり更新です。(^^ゞ




最大深度      34.2m
潜水時間      55min
水温         18℃
ドライスーツ