Log-103

2015年11月21日


和歌山県 白浜町
ポイント名 「沈船」


一旦ダイブセンターに戻ってトイレを済ませてすぐに2本目出航です。

沈船は、同乗の本格派ロクハンダイバーのリクエストだそうで、貝的には
あまり期待できそうにはないんですが、出会いはいつ訪れるかなんて
わからないものですから。(^^)

海中はそんなに透明度は良くないですが、クロホシイチモチやキンメモドキ達が
お出迎えです。(^^)


             池さんが撮ってくれたあさきちです。

船首付近はそれはもう凄い事になってました。


              なかなか壮観です。

デッキ付近で可愛い奴発見。


           撮りにくい場所に逃げちゃって・・・。

何枚かシャッター切ったんですが、ベストショットは、、、、、


               後ろ向きでした。(^^ゞ

コイツと遊んでいる間に、池さんがカエルアンコウ見つけてくれてました。(^^)


                  上からパチリ。

上からじゃ、何が何だかわからない魚なので、角度を変えて狙ってみます。



                 う〜ん、、、、、、、。

実は、今回は外付けフラッシュを外してきて内臓フラッシュと拡散板でトライして
きたんですが、左から水中ライトでターゲットライト的に照らしたのが失敗でした。(^^ゞ

ピントは合わないし、明るさはコントロールできないし・・・・・。
もう、何から直せばいい写真が撮れるのやら・・・。(^^ゞ

まぁ、続けてればそのうち何とかなるでしょう。(笑)

沈船から離れて、近くにある北の根に移動します。
途中、大きなヒラメが潜んでました。


               60cm以上はあったかな?

北の根は高さがほとんどない岩場で、海底付近には大きなウツボやハコクグ(幼)、
ウミウシやクリアクリーナーシュリンプ、タテジマキンチャクダイなどが居ましたが
どの写真もうまく撮れていませんでした。(^^ゞ

さらに、ポイントが浅いと言っても18mほどある海底付近だったのでノンデコタイムが
もうあと数分の表示で・・・。

海底で撮影した後、すぐに浮上してみますが、あまり時間が稼げません・・・。

たぶん、一本目イントラさんより深く潜っている時間が長すぎたのが敗因ですね。(^^ゞ


             アオウミウシもこの程度で。(^^ゞ

ついにノンデコタイムあと1分の表示がっ!

沈船ポイントですから中層で浮いてても仕方ないので安全停止後、エグジット。
無念の39分エア残100でした。(^^ゞ

でもでもでもですよっ!

今回は素晴らしいお土産頂いてますから。(^^)v


                     じゃーん!!

さらに


             じゃじゃじゃじゃ〜ん!!!!(^^)v

スソムラサキはchinensisっぽい特徴の良く出た逸品で、さらに白浜ブランドって
のが嬉しいですよね。(^^)

そして、このオミナエシ!!まるでセトモノダカラのようにほぼ真っ白!!
非常に珍しい色彩で、状態も文句なしの逸品です!!(^^)v

池さん、また遊びに行きますので○○○○○○○○○〜!
(さすがに図々しすぎてはっきり書けませんよね・・・・。(^^ゞ)

あっ、Kちゃんも綺麗になったオウムガイのプレゼントありがと〜。
ちゃんと自室に飾っておきま〜す。(^^)


最大深度      19m
潜水時間      39min
水温         20℃
ドライスーツ
ウエイト       6kg+アンクル1kg