Log-101

2015年10月12日


和歌山県 白浜町
ポイント名 「色津」


次のポイントは色々候補が上がったのですが、最終的に色津に行くことに。
ここで今年はトラフケボリがずっと観察されているのだそうです。

そうそう、さっきのダイビングが100本目だったと言う事で記念撮影です。


             まさか100本も潜るとは・・・・。

事前に連絡してくれれば、もっとおもてなししたのに、と言ってくれてましたが、
こっ恥ずかしいというか、これで充分です。(^^ゞ

撮影をすませて、すぐに可愛い奴がお出迎えです。(^^)


               鉄板ネタですね。

少し進むと、いました〜、阪神タイガース!
(特に阪神ファンではありませんが。(^^ゞ)


                可愛い貝ですよね。

水管を正面からどアップで撮ると、アヒルみたいに見えるんですよね〜。
残念ながらあさきちにはテクニック不足でお見せすることが出来ません。(^^ゞ

洞窟というか、トンネルのようなポイントをくぐって行くと・・・、


                ホシキヌタちゃん。


                 イセエビちゃん。


                ホシキヌタちゃん。

洞窟を抜けた壁のヤギには、


    ちょっとアヒルっぽいの、解ります?(^^ゞ

あの部分だけUPにジャスピンで撮るにはTG-4買うのが一番早そうな気がする。(笑)

美味しそうな転石があるので、ちょとだけ?持ち上げてみると、、コイツが飛び出して
来ました。


          レンテンヤッコの幼魚だそうです。

転石下にはタカラガイは居ませんでした。(^^ゞ

黄色いウミシダの中には、


               コマチコシオリエビ。

う〜ん、この手のすぐに隠れたがる被写体は難しいです。(^^ゞ

イントラさんがネタ探ししてくれている間、相変わらず海底を凝視します。(笑)

そーっとめくった岩の裏から、ナシジちゃんが出ました。(^^)


            ゴメン、抱卵中だったのね・・・。

撮影後、すぐにそーっと元通りに戻しておきました。(^^ゞ


6月にあんなに沢山見たアヤメケボリなんですが、例の赤いヤギはたくさんあるものの
肝心の貝が全く出てきません。

最後の最後でようやく小さい個体をひとつ見つけてくれました。


                リベンジ失敗。(笑)

中性浮力だけで、左手にライトを持って照らしながら右手一本でシャッターを押すなんて
出来る訳がありません!(キッパリ!)

えぇい、また来年の初夏にリベンジじゃわい!



             えぇ〜っと、なんだっけ?忘れた。(^^ゞ

今回は僕たち二人だけだったのでたっぷり1時間近く楽しませてもらいました。
水温が22℃で一本目より3℃も低く、、さすがに後半は結構寒かったかも?(^^ゞ

海底から持ち帰った成果は・・・・、


            う〜ん、今回は残念でした。(^^ゞ

モチロン、ダイビングすれば必ずFDが見つかるって訳ではないです。
これも運しだいですね。
(かなり見落としてる気もしないでもないんですが・・・。(^^ゞ)


最大深度      12.5m
潜水時間      57min
水温         22℃
5mmウエットスーツ+フードベスト
ウエイト       4kg