黒い外套膜のウキダカラはとても写真に撮りづらい被写体です。かなりユニークな樹状突起があるんですが、バックの黒に吸収されてほとんど
消えちゃいます。また外套膜が非常に薄くもろいので生体に触れる時は注意が必要。(インドネシア・バリ島)